funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

シャレオツ街乗り自転車のtokyobikeを試乗してみた

f:id:mercy298:20140916111745j:plain
場所は高円寺。
 
tokyobikeの直営店があって、そこでは全ラインナップの試乗が可能。
 
 
tokyobikeというブランドは、名前の通り街乗り、特に東京を走ることを想定して作られている。

東京というと、

・信号が多くてしょっちゅう停止する
・路駐の車と車線の間の車の隙間を走る場合がよくある
・人通りの多い歩道や裏道を走る場合もよくある
・住宅街は細い道をカクカク曲がりながら移動する
など、自転車があれば23区内ならどこでも行けるけれど、快適というわけでもない。
 
で、tokyobikeの自転車、今回試乗したSPORT 9sというクロスバイクは、
・タイヤが通常のクロスやロードよりも小さい
・ハンドルが短い
・自転車ではあまり見かけない、ちょっとシックなマット塗装のフレーム
なんて特徴があるようだ。
 
タイヤが小さいと、漕ぎ出しにあまり力がいらないので、しょっちゅう止まったり漕ぎ出したりを繰り返す環境ではありがたい。
 
また、ハンドルが短いというのは、狭いスペースをすり抜ける際に地味にありがたい。ハンドルの端が周りにぶつからないか?って結構気を使うから。
 
試乗した感想は、
・漕ぎ出しが確かに快適
・タイヤ幅が25cなのでスイスイ漕げるが、雨の日とか段差は普通のクロスくらい気を使った方がいいかも
・コンポはシマノのSORAで後ろ9段変速、国会議事堂付近や六本木、渋谷付近の坂を登るには立ち漕ぎしないと大変かも。とはいえ、普通に道を走るには充分
・がち乗りな人でなければ、巡航速度が時速10キロ後半で1日10〜15kmくらいなら問題ないかも
 
オシャレにクロスで街乗りしたい人向けの製品だと思う。
 
タイヤ径が650っていう、通常のクロスバイクの700cよりも小さいパーツを使っている関係で、予備部品や消耗品が手に入りにくいのが難点。
パンクした時に、ちょっと近くに見つけた自転車店に駆け込んでも、650c用のチューブはそうそう売っていない。
タイヤ自体も消耗品な訳だが、選択肢はやはり少ない。
 
まぁ、がち乗り用じゃないんだから、いいと思うけどね。予備チューブはtokyobikeなり他の自転車屋さんのオンラインストアで多めに買ってストック持っておけば。
 
 
広告を非表示にする