funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

【短文】大きな成功や目標を持つことに踊らされる

仕事術、記憶術、発想力、リーダーシップ・・・書店でもネット上の情報サイトでも、誰もがこれらのことを習得できるし、習得してバラ色の人生ひゃっほーい!!みたいな話が氾濫してるわけじゃないですか。◯◯◯をしていくら儲けた!みたいなのもそうだけど。

逆に「サッカー日本代表になるための7つの方法」とかないわけ。

強引に二項対立で、前者と後者を分けるとその違いは何なのだろうか?条件反射的に「当たり前だろ、違うに決まってるじゃん。」と言われそうだけど。その境界って何だろう?

"夢見させてもらえるものと"と"諦めがつくもの"なのかな。

仕事術とか発想力、リーダーシップっていうものの方が例えば汎用性が高くて、色んな人に適用できるということにしよう。そうすると「自分もこういうのを身につけていつかは・・・」みたいに思わせる事ができるかもしれない。

そうなってくると、「色んな分野で適用可能な話だけど、それと誰もが習得できたり活用できたりっていうのは違うんじゃないか?そもそもその必要性は?」っていう疑問を感じざるを得ない。

広告を非表示にする