funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

10年後に面白いことをやる未来、いつかまた出会う予感がわいてくるスタートとしての30代の始まり


photo by Office Now

最近、会社を辞める人間が周りに多い。だいたいみんな、30代入りたてで、1〜2社経験している人達。

彼らの共通点は、とりあえず暫くは(あるいはずっと)会社員はやらないっていうところ。自分がずっとやりたかった創作活動に取り組む奴もいれば、「そろそろ自分自身でやりたい」といってこれまでの仕事経験を元に独立を目指す奴もいる。そして20代はけっこうガッツリと仕事をし、その分遊びも本気でやっていた。

そういう周りの友人達が飛び立とうとしているのを見ているのは、なんか嬉しいね。

きっとそういうタイミングが、30代入にはあるんだろうな。

なんで嬉しいかって、そうやって各々飛び立っていった奴らと、きっとまた再会することがある・・・とかそういう予感をポジティブに持てるからだ。一人でやっていくっていうのは、決して楽なことではないしいくらでも失敗する。そういう期間を過ごしてきた友人達と40代で再会して「お、お前そんなことやってたんか〜。なんかたくましくなったな〜。」「組んでなんか一緒にやらね?」ってそんな会話ができたら楽しいと思う。

僕って、学生起業とか最年少の自慢し合いってとても興味が無くて。

若くしてそうやって事業を始めたりした人間で、まぁ確かに立派にやっている人間はいるけれど、そういう層を塊として評価するととても低い評価しか持てないんだよね。なんか、やっぱり薄っぺらい。

それよりも、色んな道を通ってきてたくさん積み重ねてきた連中と、ただただ「面白いことやろーぜ」で企て始める方が好き。実際に事業とか何かアクションを起こした人で、自分が尊敬している人っていうのはスタートの平均年齢高いからなぁ。

広告を非表示にする