funny rain, sweet breathing

知ってるか?世の中って思った通りにしかならないんだぜ?

音や日照と同じくらい、家探しの時に気にかけたいこと

それは、部屋の風通し。

快適さとかそういう生ぬるい話に留まらず、実害が出る可能性すら秘めている話だから。特に、大事な大事な本とか服に。

もちろんサーキュレーターや空調設備でどうにかなったり、浴室乾燥なんて付いていると色々捗るんだけどね。特に1Kとか1DKくらいの間取り・・・単身者用の部屋なんかでは風通しは結構気にかけた方がいい。

この辺の間取りだと、1つの部屋に複数の役割をもたせざるをえないから。寝る部屋と同じ所でご飯を食べたり、洗濯物がずらっと並んでいたり、すぐ隣で調理をしたりね。部屋の外との空気の流れが生まれない場所では、臭いも湿気も全て部屋の中に留まってしまう。

風通しが悪いと

窓を開けた時に空気の流れができるか否かで、室内の温度や湿度にかなり差ができる。同じ室温でも、空気が流れていた方が体感温度は低くなる。まずこの点で不利。

空気が流れない、入ってこないし出てこないって事は、中で色々こもる。

単身者用な間取りの部屋で、例えば室内に洗濯物干しまくるじゃん? 居住スペースの壁1枚挟んだところが浴室とかじゃん?結果として、湿気が家中で高くなる。1回1回の分量はではあまり気づかないかもしれないけれど、部屋の中ではどんどん蓄積されていって、クローゼットや押入れみたいなちょっと閉鎖された空間では、カビが容赦なく生える環境ができあがる。

カビって一度服に生えちゃうと、後は何をしても繊維に食い込んだ根を除去することはできないので、また気を抜くと生えてくるし、とにかく臭いがキツイ。お気に入りの服を泣く泣く処分・・・そんなことも十分に起こり得る。

服だけじゃなく、バッグだろうと何だろうと遠慮無くカビは根城にしてくる、しかも気づかぬ間に。

なので、住む前に風通しはチェック

内見時に、窓を開けたら外の景色やら日照を見るだけでなく、室内で生まれる空気の流れがあるかどうか、はチェックしよう。

換気扇や換気孔が浴室や洗面室だけでなく、居住スペースにもあるとちょっとうれしい。

部屋に複数の窓があるからといって、風通しが良いわけでもない物件もあるし。

特に夜間、就寝時や入浴時なんかの防犯の意味も考えて、立地的にどの窓は開放できるか?とか窓の存在や、風通しだけでなく、実際にその窓を換気用に開けていられるかとかもちょっと考えられたら考えてみるといいかもしれない。窓開けると隣がうるさい、とかもあるからね。

【Amazon.co.jp限定】 ZEPEAL ゼピール サーキュレーター ホワイト DKS-20W

【Amazon.co.jp限定】 ZEPEAL ゼピール サーキュレーター ホワイト DKS-20W

広告を非表示にする