読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

【ロードバイク】ハルヒル2017:ちょっとずつ、ちょっと自分の限界を越える

f:id:mercy298:20170521084732j:plain
昨日は榛名山ヒルクライム、通称ハルヒルに参加してきた。

友人にロードバイクの世界に引きずり込まれて初めて参加した自転車イベントであり、初めてのヒルクライムレースが去年のハルヒル。それまでドロップハンドルに付け替えたクロスバイクでお気楽に通勤でたまに乗っていたところから、昨年のハルヒル2週間前にちゃんとしたロードバイクを衝動的に購入して挑戦。

セッティングもろくにせず、ペダルもフラットペダルで挑んだ中級の榛名神社コース。

とにかくしんどいし、両足ふくらはぎ攣って泣きそうになるしで大変だった。
けれども、それを全部吹き飛ばすくらいのゴール後の爽快感。
自分的にはそこまで悪くはないタイムを出せたこともあって、いい感じに終了することができた。
anaaki-gratin.hateblo.jp

そこから1年。

2回めのハルヒル。

人生で2回目のレース。

今度はちゃんと一番上の榛名湖を目指すことにした。

f:id:mercy298:20170521054056j:plain
時間とお金の関係で事前に試走することはできず、YouTubeに上がっていた動画とGoogleストリートビューで道を確認。こんなの、1度でも走ればわかることの内の僅かな部分しか把握はできないけれど、それでも榛名神社から榛名湖までの最後の区間は初見でホイホイ登れる道でもないし、そんな脚も持ち合わせていない。

本番の1週間半くらい前から出勤前の30分くらい、Amazonのプライムビデオにあがっていたアルドノア・ゼロを見ながら3本ローラーを回し、冬の寒さと春の花粉でしばらく走れなかった(走らなかった)間に冬眠していた自分の自転車筋を可能な限り叩き起こす。

体重は冬のどか食いで去年の今頃より3kgほど重くなったのを結局元には戻せんかった。ラーメンうまい。

f:id:mercy298:20170521065024j:plain
本番。

初心者コースのゴール付近まではかなり余裕、一応去年の自分は越えていたみたい。

そこから榛名神社コースまで、基本スタミナが持たないへなちょこな早漏野郎なので(そのかわりリカバリーが早い)、しょっちゅう息を切らせながらも「あれ、ここってもっとキツくなかった?」って感じで走ることができた。

トラブルはあったけどね。

まさかの2年連続で脚が攣りましたよ。

ただ、今年は片足だけ、しかも極寒の都民の森で習得した「う”〜ご〜け〜っっっ」って脚に怨念的なサムシングを送ることで脚を回復させるという技が今回も通用したので無事榛名神社までは走りきる。
anaaki-gratin.hateblo.jp

そこから、噂の14%の勾配や、そもそもそれ以外もひたすらにキツめな坂が続くラストの区間

あの14%の坂は、確かに見た時笑えたよね。

そこは実際のところ大したドラマもなくクリア、その後も大きな失速は無く進んでいた。

が、最終給水所を越えた全然なんもない場所で先程攣った脚が再発。多分ラスト1.5〜1kmくらいの場所。とはいえここで足を着くわけにはいかないし、まだ足は動いているんだから動いている間はゴールを目指す以外やることはない、という根性論に従ってみた。

が、大して進まないうちにあっという間に足が動かなくなってそのまま落車。「あ、すんませーん、転びまーす」と後ろに向かって叫べる程度になんか冷静だったのは結構ウケたが。

とりあえずペダルから足を外してコース脇に行ってフラフラしながら足を伸ばしつつ、行くしか無いので再出発。ま、相当イッてる精神状態だったんだろうな―。正直、ゴール手前の男根岩あたりからゴールするまでをあまり覚えていない。悔しさとか辛さとか執念とか色々混ざって、結果として顔面では汗と涙と鼻水が混ざった状態にはなっていた。落車で一旦止まったことで呼吸は整ったし足は軽く復活したけれど、それでもスパートかけ始めるような残距離だったので一気にペース上げた(良くないよねぇ、これ)わけなんだが、したがって足は相変わらず痛いし呼吸も浅いしで、相当ボロボロ。ただ、ゴールした時に下ハン握ってたような気はするので、どこにそんな力があったのかって感じに最後はスプリントしてたっぽい。

f:id:mercy298:20170521065725j:plain

ハルヒルの真骨頂である榛名湖コース。

上記のような具合で出た涙とは別に、計測終了地点からゴールまで榛名湖畔の下り坂を走り抜ける時に視界に広がる榛名湖とその輝く湖面はまた違う涙を誘いましたよ。

こんな無名なアマチュアライダーにも暑い中全力で応援してくれる地元の人、そしてこの景色。本当にいいレースだなと思う。

タイムは特に根拠はないけどこれくらいにはなるだろうなと思っていた程度。この榛名湖コースの最初の登竜門である1時間切りに1分ちょい届かなかった。あわよくば初参加で1時間を切ってみたかったけど、足攣って転倒するくらい、そしてその後の自分の状況やゴール後のボロ雑巾具合からしても今の自分の持ってるものは全て出したし、限界のちょっと先まで手を伸ばせたと思っている。

ちょっと限界を越えた先。

でもそれはもう越えてしまったのだから今の自分にとってはキャパの範囲内でなくてはいけない。

そうやってちょっとずつちょっとずつ、でも着実に進めたらもっと自分は強くなれるし、もっと楽しくなると思っている。

30過ぎて初めたロードレース。10代、20代からはまれていたら・・・って思わないと言ったら嘘かもしれないけれど、それでも今からでも想像し得ないような場所にまで突き進んでいこうと思っている。今回のハルヒルはほんと、もっと強くなろう/絶対なれると思えたイベントだった。


#ハルヒル #derosa #look765 #landscapephotography

余談。

今回は嫁と二人での参加だったのだけど、彼女も去年から(自分より乗ってないのに)随分飛躍したようだ。っていうか、体調が万全ではなかったようなのだが、そこまでスピードは出さないが淡々とシッティングで呼吸も荒くならず登ってきたとか言ってたので、その内自分を脅かすタイプのライダーになりそうだ。波が激しい自分みたいな人間が一番苦手とする相手。

スタート時に「じゃ、上で待ってるから」と拳タッチ(っていうの?グーで手を合わせるの)して分かれて、ゴールの先で待っててハイタッチで迎えた。

待っていれば、絶対にあいつはやってくる、そんなパートナー。

MINOURA(ミノウラ) FG540 Hybrid Roller ハイブリッドローラー

MINOURA(ミノウラ) FG540 Hybrid Roller ハイブリッドローラー

【ロードバイク】美麗なる海岸線を走る〜新潟・笹川流れ

IMG_0574

新潟で自転車に乗るのであれば、もちろん山間部でがっつりヒルクライムの練習をするのが素敵なわけだが、海際を走るのも素晴らしい。どこまでも続く海岸線を、季節により表情を変える日本海を延々見続けながら走っていくことができる。とにかく気持ちがいい。難点は風が強いと吹っ飛ばされそうになることと、補給ポイントを把握しておかないと飢えるというところだろうか(経験者)。

今回走ったのはそんな海岸線の中でも美しさに定評のある笹川流れと呼ばれるエリア。その気があれば山形県酒田市までこのまま突っ走っていける。

国の名勝天然記念物(県立自然公園)に指定されており、今や美しい海の代名詞といってもいい、見事な景観を誇る延長11キロメートルの笹川流れ。その名は、岩の間を盛り上がるように流れる潮流を、中心地笹川集落の名にちなんで付けられたといいます。四季折々、それぞれの魅力を放つ笹川流れ。一度訪れたら、この素晴らしい景色のとりこになることうけあい。鑑賞に値する美があります。 新潟県村上市ホームページより

新潟は広い県なのでケースは様々だが、新潟県村上市をスタート地点に設定するとして、まず行くのが大変。遠い。新潟市からだと電車に揺られて1時間半〜2時間といったところだろうか、羽越本線村上駅。今回はここをスタートとした。 f:id:mercy298:20170504123522j:plain

電車の本数が少ないので特に帰りは計算して動いたほうがいいかも。

IMG_0560 村上市といえば、鮭。ずら~っと干されているのがみんな鮭なんだけど、初めて見たらびっくりするかも。商品としては色んなバリエーションがあるのだが、この鮭一匹を購入するとも可能。インパクトあるしお酒とは合うので、料理する人でノリの良い人には贈ったらウケるかも。

IMG_0564 鮭バーガーを喰らう。鮭フライ、鮭タルタル、とてもうまい。
鮭の酒浸し、鮭フレーク・・・ご飯とお酒が進む商品が並んでいてもうどうしてくれようかっていう場所で。

村上の千年鮭 きっかわ – 鮭を慈しむこと、千年。 鮭を共すること、千年。

この村上市からはひたすらに海岸沿いに北上すると笹川流れにたどり着く。羽越本線桑川駅手前辺りからかな。この駅のところには道の駅もあって、海を眺めやすくなってたり、食事がとれる。逆に此処から先はなんもなくなるので補給はここで。塩ソフトクリームは一度くらいは食べてみてもいいかもしれない。

IMG_0578

とにかく海が美しい。

この季節、そして天気が良かったので海はとてもおだやか。

IMG_0584

浜辺とか岩場に行くのは大変だった。クリートに優しくない地面で。

IMG_0586

笹川流れと呼ばれるエリアは11kmくらいなので、この区間に点在する名所を巡って往復してもそこまで時間はかからない。が、それにしても行きと帰りの時間の関係であまり先まで進めず引き返すこととなった。是非ともまた走りたいエリアなので、今度はちゃんと早起きするか、村上駅の近くにある瀬波温泉をベースに動くのがいいのかなと思った。

写真、延いては光を操る技術に思いを馳せる。花と人展@リコーイメージングスクエア新宿

f:id:mercy298:20170429092334j:plain

GWくらいまで開催されていた、写真家のHASEOさんの展示を見てきた。ご本人もギャラリーにいて、気さくに話しかけて作品の説明をしてくれた。とても素敵な髭のおじさん。

とても鮮やかな写真を撮られる方で、しかもレタッチなし。この色彩がとても素敵なんだが、色鮮やかって言うと蜷川実花が出てくる人もいるんだろうけど、個人的にあの人の写真の色彩ってケバくて下品で好きではない。HASEOさんの作品て、鮮やかだけどある種儚さが感じられるところがいいのかな。

このイベントの説明でも

私が写真に撮ろうと思うもの、それはやがて消えゆくものなのである。 永久に変わらないものを撮ろうとは思わない。 やがて消えゆくものを写真に収め、そして消えてしまったあとも永遠に残るものにしたい。

と書かれているので、多分そういうところが自分に響いているのだと思う。

鮮やかさ、色、つまりは光。ライティングって言ってしまうとちょっと狭義なものになってしまうのかもしれないが、構図以上に個人的には難しい要素であると思っているもの。カメラのセンサーが捉える光、捉える部分のセッティングだけでなくどういう光をセンサに当てるのか??と考えると、それは被写体の形を生む反射光であり、反射させるための光源である証明や反射を操るためのメイクやものの配置など。考え出すととても奥深い。

そんな事を考えながら眺めていたのだが、そういえば例えば音楽だったら真似したくなるギタリストがいたり、スポーツでも「この人みたく」って思う対象があったりするのに対して、写真てそういう人を設定しようとしたことが無かったと気付きちょっとショックに近いものを覚えた。

f:id:mercy298:20170429180430j:plain

f:id:mercy298:20170429181215j:plain

f:id:mercy298:20170429181636j:plain