読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

立ち上がれ間接部門、立ち上がれ個人で、これからはもっと稼げるようになる時代が来るぞ多分

雑文

Old Office

下記の記事はとても色々考えてしまう。
良くも悪くも。

business.nikkeibp.co.jp

この話、この規模の会社ならバックオフィスは一人でこなせる時代 ↔ 単にこの人が超有能、ちゃんと見合う給料もらってんのか心配

というところが焦点であると思う。

間接部門は金食い虫か?

単純に会社の利益に貢献するのはどの部門か? という話を更にざっくりと想像してみよう。

仕事を取ってくる営業か?取ってきた仕事をこなす制作や納品担当か?どっちもそう言われるに相応しいっていうのはまずあるよね。じゃあそこに関わってそうにないと思う人が多分多い間接部門。そこは利益に本当に貢献していないのか?

売上ベースで成果を計る会社だと特にわからないんだろうけど(僕はそういうスタイルは好きじゃない)、結局利益は売上からコストを引いたものなんだから、どんなに売上があったってコスト度外視だったらどうしようもないわけ。売上が少なくったって、コストがかかってなきゃそれはそれでっていう考えもあるわけで。利益増は別に売上を上げるだけが手段じゃない。コストがかからないのもよいことです。

売上を上げる、それ以外の手法で利益に貢献するのが間接部門なんじゃないかな。そういう風に思って働ける間接部門の人は優秀なバックオフィスだし、そういう働き方を認める会社はいい会社だと思う。

・・・と簿記3級以下の知恵で言ってみる。なんとなく仕事先のバックオフィスな人たちを見ていてそう思ったので。

っていう以前にさ、間接部門いなかったら誰が給料振り込むの? 客先への請求管理するの?って単純に思う。

ツールがあるから人件費は安くなるのか?

正しいし、正しくない。

そしてこの点が、立てよ間接部門!!となり得るポイントであるはず。

どんなにツールが発展して充実したって所詮ツール、使うのは人。業務効率改善やコスト削減のためにツールを駆使する・・・そういう人には報酬面でちゃんと報いてしかるべきだし、報いてくれない会社は捨ててしまってもいいんじゃないかな。

上記の記事のような会社、その人に愛想つかされたらどうなるんだろ。どこかで、自社サービスを全て一人のエンジニアが担っていて、その人が病気で倒れたら代わりの人材が見つからないし自分達じゃどうにもできなくて解散した会社って話を最近読んだ記憶があるんだけどさ。

複数の便利なツールがあって、それを駆使して社内業務をサクッとこなせる・・・それはツールがあればできることではなく、その啓蒙やそれらツールを使うオペレーションの検討 など人の入り込まないといけない余地なんていくらでもあるわけですよ。

間接部門よ、最強のオペレーターたれ

というわけで、「こういうケース、こういう運用をしたいのであればこれをあれとそれを使って、ほにゃららな流れで業務をしよう。」っていうのをクリエイティブに組み立てられるようになろう。

ツールがあるからじゃない、そしてなんやかんやで同じツールを使っていても唯一解のない業務なんだから、相手に合わせたベストな手法を考えて運用して洗練させていくっていう仕事を色んな会社から請けられるようになったらいいんじゃないかな。価値を認めてもらえれば良いお金になると思う。無駄に中小企業診断士とか持ってると、箔が付いて話を聞いてもらえやすくなるかもしれない。

そしてそういう部分に価値を見出す会社って、一定数はこれからもっと増えていくんじゃないかと思っている。

例えば若くて小さい会社、規模が小さけりゃワンマンアーミーで全部こなせる/なんとなくこなしてれば何とかなるとも思えるが、実際それって無駄な話で。管理部門の監督として、こういうバックオフィス系の鬼な人材を外注でも抱えておくと色々捗る、そんな会社を自分も見てきているし。その分自分達は売りに行ったり作ったりっていうお金を生む部分に避ける時間が増えるんだからね。

・・・以上、だいぶ適当に言ってみたが(実際あたしはよくわからんし職種を言い訳にわかろうとしてないしw)、こういうことができる人は独り立ちできるしそれなりに稼げるんだろうなぁ〜って思う。

なんだろ、抽象的なよくわかんないありがたそうな事をいうだけの個人の経営コンサルよりももっと踏み込んで具体的に会社を動かす力になるっていうのかな。悪くて有能な人がやれば、いい感じに支配もできそうだね。

会社の中に入る外部。

そういう視点で見ると、今回書いたような話でなくても仕事のネタってあると思うんだ。流行ってるのかどうか知らんけど、オフィスおかんとかオフィスグリコとかオフィスで野菜って、ある意味でそうじゃない? そこまで中に入っているわけではないけれど、微妙にわずかながらそういう種のサービスだと思うのよね。

とりあえず言えるのはツールがあるからコスト削減できるわけでもないし、そこは勘違いすんなよってとこでしょうか。それらを使いこなす人への敬意は忘れずに。勝手なイメージで、営業は「わしらが仕事取ってきてるからこの会社はまわっとんのじゃ〜」開発は「くそ、おやつコーナーにお菓子が無いじゃねーか!!使えね〜」とかって間接部門を見がちだけど(あくまでイメージね)

ライブハウス前方における暴れ方の心構えを、The Birthday シャム猫の絶叫ツアー2016@豊洲PITに勝手によせて

音楽 雑文

f:id:mercy298:20161205004113j:plain
春に行ったBLOOD AND LOVE CIRCUSツアーに引き続き、年の暮れに再びThe Birthdayのライブ。

夏の筋肉少女帯&人間椅子のライブで初めて遊びに行った豊洲PIT。微妙に駅から離れていて、お台場エリアとも豊洲エリアとも(どちらかというと豊洲か)つかない位置。

今回は新しいアルバムを引っさげてのツアーというわけではなく、どんなセットリストになるのかなと思ったらこれがびっくり。レコ発ではないしフェスとかではないし・・・というわけで想像が全くつかないわけですよ。前者なら新譜の曲をがっつり、フェスだとやっぱ盛り上がる往年の(そして新しめの)曲が多いわけ。

今回は懐かしの曲やコアな曲を随分と堪能できた気がする。"ひかり"とか"ハレルヤ"なんて、ライブで聴ける機会があるとは思ってもいなかったし(特にフジケン加入してからは)。1stとか2ndの時代の曲が聞けたのがとても嬉しかった。最近だと、Motel Radio Sixtysixの曲あたりでもう懐かしいって感じだったし。

The Birthday、元々THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの頃から のファンと思われる年代から、結構若め(といってもロキノン爆程ではないが)な層まで幅が広い客層な印象。とはいえ前の方は相変わらず賑やかでもみくちゃにされるんだよね。そりゃホルモンとかのライブに比べたら可愛いもんだけど。

で、なんやかんやでただ黙認されてるだけっていう感じのダイブやモッシュ・・・そういったものを認めた上で、それでもちったぁ考えて前に来るなり暴れるなりしろよという話をしたい。

・地蔵は前に来るな
・もみくちゃにされるのを耐える彼女とそれを強引にかばう彼氏・・・みたいなカップルは前に来るな
・手を横方向に突き出すな

というところなんだけど。

地蔵は前に来るな

地蔵という言葉が出て来るのはだいたいサマソニで、その始祖はスマッシング・パンプキンズMUSEの間のミスチルじゃないのかな。ミスチル地蔵っていう呼び名で初めて聞いたし。まぁ、ミスチルは悪くないけど、それ目当ての連中は本当に特にスマパンに失礼なことしたよね。最近だと今年のフジロックにおいてBABYMETAL前のロバート・グラスパー・エクスペリメントの時か。

地蔵・・・フェスにおいて目当てのバンドのステージの遥か前のアーティストの時から最前列に陣取って、目当てアーティスト以外のステージはただ突っ立っているだけという失礼極まりない連中。

今回地蔵と勝手に言っているのはそれとはまた違って、例えば前の方でしかも中央とかに立ってるとするじゃん?いい位置だよね。でもライブで客席側なんて人がうねって流れて同じ場所になんて立ってられないのが普通っちゃ普通。なのにそういう動きがある中で、絶対に一度立った場所から動こうとしないのがたまにいる。満員電車で、どんなに人が押し込まれても絶対に移動しないおっさんよくいるけど、そんな感じの。

そして自分が自分の立ちたい場所に立つためには、右から左から押し寄せてくる人の流れを全力で押し返そうとするわけだ。手とか肘を使って。

固定位置でそこまで見たいなら、まじで後ろに行ってくれ。

もみくちゃにされるのを耐える彼女とそれを強引にかばう彼氏・・・みたいなカップルは前に来るな

これも地蔵亜種、そして2名いる故タチはかなり悪い。もみくちゃにされるのが嫌なら前に来なきゃいいのに。そしてそんな女を庇うために、モッシュの中で1.5人分くらいのスペースを確保しようと体を広げて周りを押し返す男。やはり、邪魔、迷惑、危ない。

どうでもいいけど我が家では、ライブが始まったら「じゃあ、後で」という感じで各自突撃している。ライブによっては自分よりも奥様の方がダイブしてるし。勝手に自分達はライブで暴れるカップルとしては模範的ということにしている。

良し悪しは別として、そういう場所(周りは暴れている、もみくちゃにされる)なんだからその法則(つまりその場の暗黙の了解的なサムシング)に逆らうようなことをしてまでいようとしない方がいい。

手を横方向に突き出すな

上述のような地蔵亜種達。

肘で両サイドを攻撃するなんてのはザラで、たまに手を横に突き出して押し返そうとする人間までいるわけですよ。前にそれで思いっきり隣のやつに顔面ひっぱたかれたような感じになったことあるんだけど、あの時は乱闘騒ぎ起こしてやろうかと思うくらい切れましたね。自分(達)の領域(なんてないし、あってはいけない)を守るために何も考えない最低の連中。

手を突き出す、それが当たる先が周りの人間の肩とかならまだしも、顔面、目とかに当たったらどうするわけよ?って。そういうことが起きたら、それこそ黙認されているようなダイブやモッシュなどが厳禁でガッチリ規制されて・・・ということになりかねんわけじゃん。

肘だって十分に危ないし。

以上、適当に羅列。

基本的には、

  • 手を横に突き出すな
  • 同じ場所にとどまろうとするな

っていうところよね。

大きな揉め事が起きないから、起きていないから暴れることが許される・・・ある意味同人界隈における二次創作みたいなグレーだけど黙認されてるという側面があるのだから、それは考えろよと。 ルールは破ってもマナーは守れと。

GOLD TRASH(完全生産限定豪華盤)(Blu-ray Disc付)

GOLD TRASH(完全生産限定豪華盤)(Blu-ray Disc付)


「Deka Vs Deka~デカ対デカ~」(DVD3枚+BD+CD)

「Deka Vs Deka~デカ対デカ~」(DVD3枚+BD+CD)

anaaki-gratin.hateblo.jp

起業も独立も中退も叩かれないし、クソみたいなのは日本じゃなくて自分でしょ?

雑文

呟いた通りの話。

起業も独立も中退も別にその行為自体は叩かれるものではない。所詮は行為でしかないからだ。叩かれるのか逆に賞賛を浴びるものは結果だし、それだって時の気まぐれでしかない。後の人間が勝手に、そう思いたいから歴史が動いた瞬間と言うようなもん。

そして、今こうしている間にもアフリカでは1分間に60秒が経っているのと同様に、バカはバカだからバカだし叩かれるわけですよ。行為ではなく、対象はその主体となる存在。

それだけの話。

それを勘違いして、周りとのマウンティング合戦を勝手に始めたり高知に移住したり自分の頭でしか考えられなかったりっていう末期症状に陥ってしまうケースがどうも世の中にはあるようだ。

ちなみに自分は上記Tweetの通り、20代はそんな感じだったね。

まぁ、クソですよ。

だから今どうこうっていうのはないし、昔ああだったっていうのが何か影響を及ぼしているというようなこともない。もし別の生き方ができたならば、その時はその時で別の結果があって、あれは良かっただの実際クソだっただの言っているだろう。

なにぶん社会不適合者なもんで。

他にもっと良いと思われる選択肢をちゃんと把握していた上で、それでも実際に選べるものは起業とか独立とか中退とかそんなもんだった。ま、生きてりゃなんでもいいし、ミニマリスト教に嵌らず飲んで食って趣味には金を使ってそしてちゃんと税金を納めるっていうのを当時のノリでやるのであれば問題はなかった。

今はサラリーマンやってるけどね。

単純にフリーが飽きてきたり、新しい芸風を効率的に見つけたりするのに生活を変えるのは楽でいいし、社会不適合者な自分がそれでも所属しようと思える会社に出会ったりそこに求められる程度には有能であるくらいには爪を研いでいたっぽいしどうも。

あ、で、僕がクソって言ってるのは起業や独立や中退ではなく、それをやっていた自分のことね。まぁ流石にそういうのを対外的に触れて回ってそうじゃない人間に対してマウンティングとかやろうとは思わなかったけど。そんな事に時間を割いていられるほど人生は長くもないし。そもそも、起業とか独立とか中退とか、要は行為そのものに対して逐一何らかの感想や意見を持ってたらきりがないし面倒臭い。ましてやそれを、誰も聞いていないのに発信するとかねぇ。

起業も独立も中退もやりたかったらやったらええ。

でもそれは何ら評価軸にはならんし、では何故、特に叩かれる傾向にあるかというとその動作の主体が叩かれる要素しかない人間ほど声高に言って回ってるってだけでしょ。起業したから、中退したから叩かれるんじゃないお前だから叩かれるんだってね。

なんで叩かれるかというと、"レールが敷かれた人生を歩まないというレール"に乗っかっている坊やに対して誰かが書いてたけどどこだったけかな。とてもしっくりいく内容が、ジェントルに書かれていた気がする。

あとはね、浅はかさが嘲笑の対象になるのはいつの時代も同じだし、浅はかと挑戦の区別がつかないのはやっぱり嘲笑われる要件を満たす浅はかさなのよね。

anaaki-gratin.hateblo.jp

anaaki-gratin.hateblo.jp