読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

誰かを育てるということは、正しくは"連れて行く"ということなのかもしれない

雑文

あるいは、育成者側の自己満足を言葉にするとそうであるのか。

並走でも後ろから少し遅れて追いかけるでも、先をいくでもなんでもいい、意識としては到達して欲しい何かに自分自身も足を動かすこと。

有名なスポーツ選手と監督で二人三脚で頑張ってきました!!なんて表現を耳にすることは特にオリンピックとか近くなるとよくある。その内実が各ケースにおいてどんなもんであったかは知らないし、まぁそこはどうでもいいんだけど、そこには"連れて行く"っていうようなものもきっとあるのだろうとふと思ったり。

目標をただひたすら指差し続けるだけでも、たどり着くためにああしたらいいこうしたらいいと言い続けるだけでもなく、連れて行く。

自分の周りの狭い領域だけど、個人的には嫌いな教育ママと言われる人種の子供でまともな価値観を持っていると思えたり、親との関係性が健全だなと思えるケースって、"連れて行く"親の子供なんだよね。一緒に問題解いたり、親自身もなんか勉強してたり、会話のパターンとして「あれってどういうことなんだろうね」「こうなんじゃないかなぁ、調べてみるか」みたいなのがある親子。こういうのはまさに子供を目的地(この場合はどこかの学校に合格)に連れて行っているなと思う。

逆に、「〜さんちの子は小2でこれができた」「〜高校に行けない人間はクズ、そういう人間とは付き合うな、そういう人間がいるクラブにも入るな」とかそういう言葉しか吐けず、本人はたいした学を持っていない(だからことごとく思考が低レベルで、いい学校だのいい会社だのという抽象的というよりは何か具体的に考える思考力がない)のに、そうではないフリをし続けたりする親。ま、自分の戸籍上の母親ですが。結果として、見事にその子供は人生で2度も中退したりニートとか引きこもりとかいうのが世間でよく言われるようになる前から、そういうことになっていたし。本人は本人で、旦那には捨てられ、親戚からも腫れ物扱いされ、ようやく精神科に連れて行かれて病気と診断されて「ああ、やっぱあいつはおかしかったんだ」と周りが納得するようになりましたがね。おかしくなったのは自業自得だから何も思わないけど。

とかいうとじゃぁ、いい大学に子供を入れる、"連れて行く"には一緒に勉強できるくらいの学力を持っている必要があるとかそういうことでは別に無いとは思うんだよね。目標に向かって"共に"走っていく中で、当然単騎で行くわけではないのだから、それは目標やメンバー構成によって役割が生まれてくるわけで。

どんなに強力な部隊がいても、兵站を担うものがいなければ勝ち続けることなんてできないし。

ってそんな事を考えたのは別に大それた何かがあったわけではなく。

知り合いの子供がめっちゃスケボーとかMTBとかスノボがうまいんですよ。小さい頃からその手のXスポーツ系に興味をもっていたようなんだけど、その知り合いは結構子供に付き合って自分も一緒にやってるのよね。元々そういうことをしていた人ではないのだけれど。「まじこえー」とか言いながら自分もMTBでトリックやってみたり、スノボで息子がキッカー飛ぶのを撮影して褒めたりアドバイスしたりして更に、「俺も飛ぶぜ〜」とか言って自分もキッカーに突撃したり。

そういう父親だからその子供が凄くなったって単純な一対一対応の話では決してないけれど、そして鶏と卵なところはあるだろうけれど(子供が興味を先に持って父親もノッた可能性もあるし、そもそも父親がアクティブな遊びが好きではあるし)。

冒頭に書いたとおり、別に先に自分が進んでいなくてもいいわけで。

一緒に楽しんでるし、遥かにうまいのは子供の方だし。それでも大人として機会や(ゲレンデに連れて行ったり)費用を提供しているし、怪我とかしないように気にかけているし(母親が怖いらしいというのはあるようだが)、受験シーズンはちゃんと控えろと伝えたり。育てる、と言うとおこがましさとかが出てしまうが、"連れて行く"と言うとなんかしっくり来るなぁと思ったわけですよ。

上司と部下とか、先輩と後輩とか、親と子とか、どうしても人生経験その他差があったり面倒を見る側と見られる側という分かれ方をしてしまう関係性において、一緒に歩んでいくといっても、どうしてもイーブンな状況にはなれないケースは存分にある。だから、連れて行く。

最近シェアされまくったのか目についたこの記事の父親も、勿論子供の合格は子供のやり遂げたことだし、父親が行なった何かが直接的に作用したわけではないが、ちゃんと子供を連れて行った父親のいい例なんじゃないかな。うん、そうそう、何か直接的に作用する事柄しか考えられなかったり認められなかったりするのも色々残念よね。こういう話をしていてたまにいるけど。

anond.hatelabo.jp

【スノーボード】志賀高原、今年はかなり奇跡的な天候の横手山・渋峠を堪能してきた

f:id:mercy298:20170204122512j:plain
快晴に巡り合うことがあまりない志賀高原で、しかもとびきりの快晴に出会えた今シーズン。

1泊2日のスノボツアーは、初日が横手山渋峠エリアで2日目は焼額山を滑っていた。例年、全山共通リフト券という志賀高原内のゲレンデならどこでも滑ることができるリフト券を買っていたのだが、せっかくだからと全ゲレンデを制覇しようとすると結局は滑るというか移動だけで終わってしまうような感じなのである。

今年は横手山という少し離れたエリア(志賀高原内では端で、バスで移動しないと他のゲレンデには行けない)に宿泊したのもあって全山共通リフト券ではなく普通のリフト券で滑っていた。メインエリアから離れているせいか人は少なめ。流石にお昼頃になってくると混みだしたけど、その前に新雪を存分に荒らし堪能してきましたよ。

f:id:mercy298:20170204092033j:plain
標高2307m、日本でもトップクラスに(もしかしたら一番?)高いゲレンデである横手山山頂。

ここに登ってくるリフトからは付近(というわけではないが)の山々やそこにあるゲレンデから果ては日本海まで見渡せる。上に上がるに連れて無機質なリフトの機械音と、風の音しか聞こえてこない、まさに外界とは隔離された場所へと進んでいく感じがとても好き。元々ゲレンデ内で音楽を流すような風情のないことはしないのが志賀高原なんだけど、それに加えてある程度は登ってきているはずなのに聞こえない人の声。ゲームだったら大きめのイベントとか強めのボス、あるいは隠しダンジョンの到達地点てとこかしら。空気の質がね、下の方とは全く違うんですわ。

山頂はとにかく寒い。体感温度はマイナス10度台後半はあったんじゃないかと勝手に思っている。

f:id:mercy298:20170204112516j:plain
焼きたてのパンが名物の横手山山頂ヒュッテ。

四半世紀ほど前に、夏の志賀高原によく遊びに来ていて、その時以来中に入った。中は綺麗になっていたような、しかし子供の頃の記憶なのであまり正確ではない。当時はパンを買ってもらったわけで、あれもこれもといかなかったわけだが、今はもう自分のお金で食べ放題ですよ。子供の頃の「もっと食べたかったなぁ」にリベンジ。

f:id:mercy298:20170204151531j:plain
樹氷なんだけど、なんかイメージとしてある樹氷を飛び越えた樹氷

雲の形から色んなものを連想するということはするが、それができるくらい面白い形の樹氷。クリーチャーのデザインなんかやってたら、とてもインスピレーションが湧きそうな形がいっぱい。夜になったらこいつら、謎の生き物として動き出したりして。

渋峠へは、この山頂からスノーボーダーには優しくない連絡通路を通って行く。

群馬と長野の県境、ここへは春先に自転車でも来てみたいんだよね。碓氷峠とか草津白根ルートの辺りを通るのかな。それなりにしんどい行程ではあるが、それに見合うだけの景色が待っているようだ。

一月以上前の話だけど、クリスマスは都内の夜景を巡りまくりデートだったゾっ

写真 自転車

f:id:mercy298:20161224112340j:plain

ただしチャリでな。

元ネタはこちら。
cyclist.sanspo.com

確かに巡れるなー、とか逆に「記事書いた奴、本当に走ってイルミネ見た上で書いてんの?」とちょっと突っ込みどころのある内容だったので。

f:id:mercy298:20161224111959j:plain
まずは原宿、青の洞窟。NHKホール前の通りが青色LEDで装飾されている。これでもかと言わんばかりに青色光で人類の目を殺しにかかっているんだが、場所がいいし随分と人が集まっていた。いやほんと、ここにいたら頭がクラクラしてきたよ。混んではいたけれど、原宿駅や代々木公園側に渡る横断歩道が信号待ちで人が多すぎたってくらいで、中に入ってしまえばそこまででもなく歩いて通過が可能な感じであった。

f:id:mercy298:20161224114000j:plain
表参道のイルミネーション。これは結構有名なのかな。

自転車で巡るっていうのにここを選ぶ(まぁ都内なのでチョイスしたくなる気持ちはわかるが)元記事のセンスには脱帽した。車が詰まっている車道を走り抜けることしかできないからね、ここは。歩行者用には観覧用の通路が用意されているけど。サンタさんライダーがいっぱいいたなそういえば。あとここって、たしかに有名なんだけど、周りが明るいからそこまでイルミネーションが綺麗ってわけではないのよね、実際は。

そしてこの後はミッドタウンと元記事ではなっていたが、自転車で来てここに行こうってだけ書く記事、この記事書いた人間は本当にこのルートを辿ったのかと突っ込みたい。週末だったら1時間近い待ちの行列だし、自転車で来てどこにチャリ置いて中に入れっつーのか。なのでこの時は普通にスルーした。うん、自転車できたらスルーになりますよここは。

f:id:mercy298:20161224121550j:plain
次は六本木のけやき坂なんだけど、その前にその手前にあるグランドハイアット東京に寄り道。ロビー内にクリスマスな感じに装飾されたエリアが。ミッドタウンから六本木交差点を曲がってヒルズの方へ向かう道は交通量多いし、流れも悪いので走る時注意。

f:id:mercy298:20161224122810j:plain
けやき坂。グランドハイアット側からツタヤ側に向かうと遠くに東京タワーが見える。そこまで混雑していない通りなので自転車を押して歩道を歩いても問題ない感じ。落ち着いていて見た目は上品な街なのでいいですね、ここら辺は。

f:id:mercy298:20161224124736j:plain
そして東京タワーへ。

巨大なスノードームというのがあったのだが、ONE PEACEを題材にしたものだった。そういえばこの時、東京タワーはONE PEACEとコラボしていたんだっけ。

この後は銀座という紹介だったんだけど、だんだん面倒くさくなってきたのでパス。最終目的地の丸の内を目指した。銀座の通り、しかも週末の夜ってあまり走りたくないのよね、あの道。交通量あるし路駐ひどいし。走るなら気をつけた方がいい。車道を走るだけだし、イルミネ眺めながらちんたら走るなんて危ないからね。

f:id:mercy298:20161224133315j:plain
丸の内付近。

着いた時間が遅かったのでミチテラスは終わってしまっていた。ミチテラスがやっている時間だと、行列ができることもあるので、通行には気をつけた方がいい。

そんな感じだった。

元記事には紹介されていない場所としては、目黒川とかアークヒルズの裏とかもおすすめ。アークヒルズの裏のなんとかって坂、人少なくて地味に穴場だと思う。