funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

【フジロック】雨と緑と喪失と

知ってるか、aphex twinのライブって、ただのレイヴなんだぜ。

俺は知らなかった。

本当にただのレイヴパーティーだったお。

フジロック2017、2日目。

お風呂はいってまったりして会場に"出勤"。最初はCocco@GREEN STAGE。Coccoは数年前にZEPP TOKYOで見て以来。としと雨の降る中モッシュピットで待機して、開演。

いや・・・これは・・・神でしたわ。新旧名曲おりまぜた隙のないセットリスト、今年20周年ということだけど決して衰えない歌唱力。Coccoが歌えば雨は止み、Coccoが歌えば雨は降る。

1発目にして最高のライブを見てしまったかもしれん。

そこからGREEN STAGEに居座って、去年キャンセルになったTHE AVALANCHES

楽しすぎて(後半が)、クレカ落とした。

くっついてるEdyに1万くらい入ってたのに。カードは止めればいいんだけど、残ってるEdyの残高を誰かに使われた場合、その1点だけは許せん。

小沢健二@WHITE STAGEはやばかった。ところ天国で1曲めのブギーバックだけ聴いて戻った。通行規制かけてるし、ちゃんと列になってるとこに柵破壊して割り込むバカがいたり凄かった。そこまでして聴こうとは思わなかったんだよね。中ではスタッフ導線と観客導線分けている壁も破壊されてたらしい、アホか。

この日は小沢健二くるり、あと何故かLCD目当てなのかな、そのせいでホワイトより先に進めずほぼグリーン滞在。

この日はやっぱCoccoだった。THE AVALANCHESは楽しかったね。普段全サンプリングのボーカルをちゃんとボーカリスト読んでやってて、ドラムも生で。

LCDは本当に普通だったし、aphex twinは冒頭に書いた通りざんす。