funny rain, sweet breathing

知ってるか?世の中って思った通りにしかならないんだぜ?

【ラーメン】横浜中華街で家系ラーメンを食べるとどうなるか【今日の中華街ランチ】

Ramen
食べてみた × 2店。

家系ラーメンは結構好きな部類。大学の頃から随分と食べていた。二郎はラーメンではなく二郎という食べ物である、とか言うが、自分にとって家系ラーメンも純粋にラーメンを食べるのとは違った動機で食べている気がする。

家系ラーメンは、とりあえずジャンキーでしょっぱいものが食べたい、それがまず第一。それでいて罪滅ぼしではないが大量の野菜を食べるチャンスとしている。家系ラーメンを食べる時はほうれん草マシにして、刻みタマネギが置いてあるお店では容赦なく盛る。そして大量の胡椒だ。ほうら健康的だろう。

そして本題、家系ラーメン@横浜中華街だ。中華街でまさかの家系ラーメン。実は何店か存在している。一体どんな中華アレンジがなされているのだろうか・・・という好奇心でお店を目指す。はい、ちょっと偏見入ってます。でもさ、中華街でわざわざ家系ラーメン食べるんだから、なんかあって欲しいよね。

行ったのは吉壱屋(多分)と一八家(だったお店)。

結論から言おう。

麺以外は十分に普通の家系ラーメンだ、安心していい。

どちらの店舗も、仕入先が中華料理系のところなんだろう。所謂家系ラーメンの麺(太めでコシがある)ではない。吉壱屋の方は、とても担々麺の麺・・・といったところだろうか。見た目がまず違うし、ツルツルととても喉越しの良い、良すぎる麺である。一八家の方はもうちょい家系ラーメン、というか日本のラーメンみたいな麺。ただ、麺固めとオーダーした割にはそこまで固くなく、あくまでもこのお店の麺固めがこの程度なのかそれとも麺自体のコシが足らないのか・・・というところでちょっとわからない。

ちなみに吉壱屋は麺が中盛りと大盛り無料。ただし大盛りは丼もサイズが一回り違うし、普通盛りの倍くらい麺が入っているんじゃないかな。一八家は中盛りと大盛りどちらも有料。大盛りはこちらのお店もどんぶりが大きくなる。でもここ、並盛りでも思ったよか量があったような気がしている。