funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

荒川CRで背筋とケツ筋いじめ、ミュシャ展最終日(の前日だった)駆け込み


今日は朝トレ #derosa #cycling

今週も朝は荒川サイクリングロードを走る。

河口行きは追い風もあって快調。性格なんだけど重めのギアでガシガシ漕いでて、もうちょい軽いギアで高ケイデンスで速度を稼ぐっていうのをやれてなかった。河口から上流行きは打って変わって強めの向かい風。一気に速度が落ちる。集団で走ってる知らない人達の後ろにしれっとついてこうかなと思ったけど都合よくそういう集団がおらずソロ走行、キツい。

って状況で気づいたら背筋やケツ筋(てどこだよ)からのペダリングみたいな走り方をしていた。

雑に足だけでペダリングをしない、腹筋で太ももの筋肉を引っ張ってペダルを漕ぐってのは結構意識していてずっとやってたんだけど、背面側って余り意識したことがなくて新鮮。エンジンたるロードバイクの乗り手は全身でペダルを回す機械になるっていうのが1つのポリシーというか目標なんだけど、そこにちょっと近づいていた。ハンドルやサドルの高さを変えてみてる中で、いい感じの巡航フォームもできてきたし。

だがしかし、普段使わない筋肉なもんだから、あとですげー疲れた。それと地味に今乗ってるフレームが若干大きいなと思うようになった。次買う機会ができたら47とか48くらいのサイズのフレームでいいかも。

f:id:mercy298:20170604143109j:plain
午後は本日最終日のミュシャ展@国立新美術館に駆け込む。

これまでの混雑状況をウォッチしていると昼前がマックスに混んでいて、最終日ということもあったのかそのタイミングで150分待ち。ディズニーかよ。自分が並んだタイミングで120分待ちで、閉館間近で90待ちになったのかな。

国立新美術館がここまで混んでるなんて初めてだし、待機列さばいていたお兄さんいわく10年前に来たオルセーの時以来の混雑なんじゃないかとのこと。途中に給水コーナーがあって、ありがたし。ずーっと同じ場所で待っているというよりはダラダラとひたすら進み続ける感じ。

ミュシャの作品て、海外でもこうなるのかは知らない。が、なんとなくこの淡さとカラフルさを兼ね備えた色使いとか光の表現とかがなんか日本人に好かれるのかなと思ってみたり。なんとなく、アニメとかゲームの色使いに近いというかなんというか。1枚が縦横5m弱あるスラブ叙情詩の絵は圧巻。1枚の絵に込められた意味や物語の量、見る位置によって目に入る部分が変わることでまた違った見方ができたりと、120分待って1時間で見て回ってきたんだけど、濃厚だった。人が少なければなぁ・・・人が多くて疲れて出てきてしまった感じ(全部見て回ったけどね。)

※あ、日曜は最終日じゃなかった。5日月曜が最終だったのでその前日だね。月曜なんてこれるかボケー!!ってことでまぁ俺的最終だ。

f:id:mercy298:20170604162205j:plain

f:id:mercy298:20170604162527j:plain

広告を非表示にする