funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

【NAZCA】オーダーメイドのギグバッグがついに届いたよ

anaaki-gratin.hateblo.jp

およそ3ヶ月前にオーダしていたバッグがついに完成し、発送が待ちきれず有限会社バードランド様のオフィスまで受け取りに行ってきた。
NAZCA PROTECT CASE - 有限会社バードランド

f:id:mercy298:20160731162737j:plain
運送会社の到着を待つ製品達。
この中に自分のも入ってて、一緒に発送されるはずだったのを、連絡して自分で取りに行くことにしたのだ。

f:id:mercy298:20160731163103j:plain
でーん

f:id:mercy298:20160731163121j:plain
でーん

なかなか厚みのあるバッグになりました。
入ってるのが、
f:id:mercy298:20160731163250j:plain
Gretch 6119 Tennesian 1964というわけで、ボディでかいしアコギケースにしか入らないような形状なのでしゃあない。

宝物のギター。
宝物なので全力でボロボロになるまで弾き込んで、自分が死んだら棺桶の部品にしてもらいたいくらい。

NAZCAのバッグって、いつかは使ってみたいなぁっていう憧れだったんだけど、こうやって自分の物になるとその所有感が半端ない。ギグバッグだからってあなどるなかれ。触るとわかる丈夫さ、持ちやすさ、そして何よりその軽さ。

見た目からはびっくりするくらい軽いのだ、このケース。

店舗に並ぶ通常の製品も、もし見かけることがあったらちょっと触ってみて欲しいし、とても大事なギターを1本でも持っているのならばそいつのためにオーダーメイドのバッグを注文するのはかなりアリだと思う。


広告を非表示にする