funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

ロードバイクに(ほぼ素人が)塗るガラスコーティング剤の選び方について考える

車同様に、ロードバイクの良いモデルに乗っている人ってガラスコーティング剤を使おうと思ったことがあるのではないか。

世間では2万円とかで熟練スタッフがガラスコーティングをやってくれるサービスまである。一度くらいは出してみたいけど、面倒くさいと思ったり、預けている間自転車に乗れなくなるのが嫌だったり出費をケチったりで二の足を踏んでいる。

で、自分でやれそうもなくもないような気がしないでもないような、ある意味好奇心を満たすため、それと自分でできるメンテの幅を増やすため、ということで自分でロードバイクにガラスコーティング剤を塗ってみることにした。

f:id:mercy298:20160525112613j:plain
ガラスコーティング剤って車に塗るイメージだったので、そっち方面から探してたどり着いた一品。ドン・キホーテとかで売ってるやつでもいいかなーとか思ったりもしたんだけどね。Amazonのレビューが、この値段にして評価が高い。とても優秀なガラスコーティング剤のようだ・・・うまく塗れればな。

5年間コーティングが保つとうたっているのだが、つまり失敗すると5年間失敗したままというわけだ。

・・・失敗したんですけどね。失敗内容は、

  • 塗布後に素早く拭き取らないといけないところ、細かい部分で拭き取りに手間どったり、多くコーティング剤を出しすぎてムラができる
  • スポンジに含ませて塗っていたんだが、そのスポンジにギアかチェーンの汚れがついて、それがフレームに触れてフレームが汚れ、更にはそれに気づかず汚れの上からコーティングしてしまった

とても切ない。長持ちのコーティング剤使用でやってはいけないことをかなりやってしまった感じ。

・・・まぁ、"ガラス"ということだし組成的には、最悪アルカリ性の洗剤とかでむっちゃゴシゴシしたら落ちてくれる気もするが。

てわけでですよ。

ガッチリと信頼性の高い長持ちコートを一度やってはいおしまい・・・みたいなのではなく、弱くてすぐに落ちてしまうものをちゃんと高頻度に使うほうが素人的にはいいんじゃなかと思いだした。

ガラスコーティングに拘らなくても、こんなのとかで。
f:id:mercy298:20160525112557j:plain

これ、ハルヒルのノベルティ的な感じでもらったサンプル。ガラスコーティング剤に比べて強度や効果は弱いだろうが、定期的なメンテの時に併せてちゃんと毎回塗るってやっていればそこまでフレームの汚れがひどくなるとかそういった事態にはならないんじゃないかと思ってみた。

試してみないとわからないが。

掃除とかそこら辺では、こちらの動画がちょっととても響いた。
cyclist.sanspo.com

やはりDE ROSAのフレームは常に美しくなくてはいけない(そこじゃない)。

この記事に載っているやつ、Amazonでも買えるのよね。一度使ってみようかな。


Vipros/ヴィプロス ムオン VS-667

Vipros/ヴィプロス ムオン VS-667