読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

wiggleでの自転車グッズ海外通販、税関保留で3週間届かなかったのを結局自分で動いて解決したっていう

自転車

wiggelっていう自転車グッズの海外通販サイトとしてはとても有名なところがある。

日本未発売のものが買えたり、サイト上では日本国内での課税前の価格であるが、課税されたとしても日本国内で買うよりも安いことが多い。サイトもユーザーサポートも日本語で行えるっていうのもポイントなのかもしれない。

何事もなければEMSで10日程で日本に届くのがwiggle

先月にホイールと細かいパーツを幾つかwiggleで注文した。

ホイールは流石にでかいのか、パーツ達とは別梱包で2個口発送となっていたのだが、このパーツ達は1週間で到着。しかしホイールが届かない。配送番号から検索すると、ずーっと通関手続中のまま。

GW挟んでいるから仕方ないのかな〜と思いつつも、再来週のハルヒル本番までにはホイールを新調したかった。流石に本番まで鉄下駄で登る気にはならない、いや別に登れるけどせっかくならもっとストレスフリーに登りたい。
anaaki-gratin.hateblo.jp

しびれを切らしてwiggleにメール。「通関手続きで止まっているのを確認した。」(←郵政の同じページ見ただけじゃん)「担当部署に伝えておく。」という返事が翌日届く。そしてそれきり返事がなく、催促メール出しても返事がなく。「世界中からのお問合せに対応してるからすぐには来ないなぁ。」とか「ヨーロッパなのんびり具合だよなぁ。」とか思っていた。

それにしたってハルヒルは迫るし、今週末も軽くトレーニングするつもりであったので、wiggleのペースに合わせてられなくなった。

通関手続きで止まってるんなら日本国内には来てるわけだし、扱ってる東京国際郵便局に直接聞いたらいいじゃんと思って電話。内容としては、この荷物は二個口になってる疑惑を税関が持って調査していたとかなんとか。疑惑も何も事実なんだけどさ。。。

更に話を聞いていたら、片方(現在保留をくらっているホイールの方)の発送先住所が間違っているっぽい。そりゃその住所で国外からの荷物調べても出てこねぇよって。全く知らない住所だったし、これはおそらくwiggleのミスだろう。

というわけで、先に届いていたパーツ類に同封されていたIn VoiceをFAXして終了。確認取れ次第配送してくれるってさ。

電話対応してくれた東京国際郵便局のおっちゃん、wiggleからの荷物は扱い慣れているみたいで、「wiggleさんて、だいたい2個口とかになったら小さい方にIn Voice入れてるんですよ。だから先に届いている荷物開封してIn Voice確認してFAXして下さい。それですぐに手続き進められます。」と。

とりあえず一安心。

確認すると言って連絡来なくなったwiggleには自分で解決した旨、嫌味ったらしくメールしてやろうかしら。

anaaki-gratin.hateblo.jp