funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

冬のまったり自転車乗りファッションは、パールイズミのウインドシェルとMcKinleyのソフトシェルで落ち着いた

東京都内を、通勤や遊びで走る。

anaaki-gratin.hateblo.jp

これを書いた頃から気温が少し低くなったので少し再考。12月頭までは半袖ジャージの下にインナーって感じで平気で走っていたんだけど、流石に後半は無理で。

まず、これを買ったおかげで、あまり細かいことを考えなくなった素敵な1品が、PEARL IZUMIのストレッチウインドシェル。

素材自体はとても薄いんだけど、気温10度前後まではこれを1枚羽織れば走っていても寒くない。折りたたむというか丸め込むことで、サイクルジャージの背面ポケットとかに突っ込むことも可能。これ、商品の写真のように綺麗にまとめるのは無理なんじゃないかと思っている。あと、内側にサイクルジャージを着用していた場合、その背面にポケットが付いていたらそこにアクセスできるように切れ込みが入っているんだけど、このウインドシェルの上から、下に着ているジャージのポケットにアクセスするって、そこまでスムーズではないのも注意。

とはいえ、繰り返すが気温10度前後ならこれを秋の服装に1枚加えるだけで充分。

汗をあまりかかない季節なので、普段着での移動が多くなったのだが、カーディガンとかジャケットなどの普通のトップスをバッグに突っ込んで、自転車移動中は代わりにこれを羽織るというのをよくやった。

で、年の瀬に走り納めで都内を走ったんだけど、流石にその時は寒かった。その時は東京でも5℃くらいだったんじゃないかな。

そこで、McKinleyというドイツのアウトドアブランドのソフトシェル登場。

これは素晴らしい。
f:id:mercy298:20151231111556j:plain

内側に半袖ジャージなり普通のTシャツさえ着ていれば、12月の寒空の下でも寒さを感じない。街中で着ていてもあまりゴッツくはないデザインで、とてもスマートに着れている。自分の体型的にメンズよりもレディースの方がシルエットが綺麗でフィットしたので、レディースを購入したってのもあるけど。

まぁ、他のブランドでもこの手の商品はあるので好きなのを買えばいいと思うけど。そもそもMcKinleyに関してはあまり売ってるとこないしね。
www.mckinley.eu

ただアウトドア全般ていう用途のジャケットだから、あとレディースだからか袖丈が少し短い。これが何を意味するのかというと、ロードバイクに乗る時の体勢だとグローブと袖口の間に隙間ができてしまうのだ。走りだしでまだ体が温まっていない時に袖口から入り込む隙間風がちょっと寒い。走りだすといい冷却機能にはなるのだが。

・・・とりあえずアウターにこの2着があることで、あまり細かいことを考えずに自転車に乗っている。

ちなみに下だけど、買おう買おうと思って冬用のサイクルパンツを買わず、7分丈とか短パンにタイツである。パッド入りインナーとかも1日の走行距離が30〜40kmとかだったら要らないし。

寒くなってきたら、そして自転車に乗ることがメインではなく、移動手段として自転車を使用している場合は黒の綿パンツを履いている。一応右足はたくし上げているけどね。


最後に、ものは試しで買ってみたシューズカバー。

風が入り込んでこないことが、ここまで足の暖かさに繋がって快適さを産むのか・・・という感想。良い物だと思う。シューズカバーまで履いてっていうのは、大げさな印象を持っていたけど、これはあってもいい。

f:id:mercy298:20151231120928j:plain

だがしかし今回購入したカペルミュールのシューズカバー、3日使ったら後ろのジッパーが壊れるわつま先部分の足裏ゴムが千切れるわで耐久性に難あり。もしかしたら自分の靴より大きいサイズにした方がいいのかもしれない。

僕は普段26.5の靴を履いていて、購入したシューズカバーがMサイズ(25〜26.5cm用)であった。確かに装着するとパッツパツなんだけど、自転車用品だしそんなもんかなと思っていた。が、ダメなようだ。ひどいと思うけどね。カペルミュールってお洒落でいいんだけど、クオリティとしてはその提供価格に満たないものがけっこうあるんだよなぁ。