funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

Polaroid CUBE+をiPhoneのアプリから操作してみたよ

anaaki-gratin.hateblo.jp
わざわざ海外から買ったPolaroid CUBE+。そうまでして手に入れたかった理由の1つが(そして大半が)、スマホのアプリからカメラの制御ができることである。

例えばSONYのアクションカムなんかは、腕に装着する外部ディスプレイ兼コントローラーなんかがあったりする。これはとても便利そうなのだが、カメラ自体も高いし、Go Proとかアクションカムあたりの4〜5万の価格帯の製品はとりあえずはいいやってことで考えてたので。

そういう点で、スマホとかアプリを利用という形で、低価格帯ながらモニターや遠隔操作が可能となるPolaroid CUBE+はとても幸せな商品なわけです。

スマホとカメラ本体との接続はWi-Fi。カメラのWi-Fiボタン長押しでWi-FiをONに。その状態でスマホからWi-Fiのネットワークを探すとこのCUBE+が出てくる。スマホ自体をWi-Fiに繋げていると、一旦そちらの接続を切らなくてはいけないのだが、Bluetoothよりも機器同士の接続が素早いし転送速度も早いから快適。

f:id:mercy298:20151126094306j:plain
上述の通りカメラとスマホWi-Fiを繋げた状態でアプリの初期画面を開く。で、一番下のボタンをタップ。

f:id:mercy298:20151126100501j:plain アプリで接続が確認されるとこの画面になる。ここで、下からスワイプすると撮影画面が出てくる。これ、iPhoneの基本操作(Control Centreだっけ?)と操作が被るのがちょっとあれ。

f:id:mercy298:20151126094505j:plain
撮影画面。

  • 1番の辺りで、画質やらセルフタイマーやらの設定ができる
  • 2番のところが、まず左端がカメラモードの変更
    • 動画
    • スローモーション
    • タイムラプス
    • 静止画
  • 中央がシャッターボタン
  • 右端が撮影した画像閲覧で、iPhoneのCamera Rollみたいなの

f:id:mercy298:20151126095052j:plain
撮影画面で、今度は上からスワイプすると、設定画面。これもiPhoneの基本操作と被るのがやっかい。この画面では、

  • カメラのステータス(残ストレージ、バッテリー)
  • 最近撮影した画像のサムネイルリスト
  • カメラの設定(タイムスタンプ入れるか、カメラの操作音のボリュームetc.)

f:id:mercy298:20151126095240j:plain
撮影した画像の閲覧画面で、スマホに画像を送れる。静止画なら一瞬、10分くらいの動画(30FPS・720P)で600MB弱あるのだがこちらは2〜3分かかったように思う。

f:id:mercy298:20151126095410j:plain
設定画面に行って、右上の歯車アイコンタップで出てくるこれまた設定画面でLOG OUTをタップすることでカメラとの接続を切ることができる。

一部「そういう風にするかぁ・・・」って思う点があるけれど、トータルでみたら十分な使い心地のアプリだった。リリースされてからの期間を考えれば、これからに十分期待できるってとこです。スマホにモニターされるカメラの映像は、特に遅延は感じられず快適。カメラをあちこち向けながら、映像をスマホで見るっていうのがちょっと楽しい。

画質は・・・まぁ、こんなもんなんじゃないでしょうか、この値段だし画質追求的な製品でもないし。広角めのレンズで、端が丸くなるのは、これぞアクションカムの映像って思えば気にはならないかな。

冬は自転車にはあまり乗らなくなるが、雪山では色々遊べそうなので楽しみ。

広告を非表示にする