funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

電子タバコを使い始めて2週間なんだけど、かなり脱タール&ニコチンできているっぽい

anaaki-gratin.hateblo.jp

でもまだ2週間なんだよなぁ・・・。

それでも、ひ弱なメンタル過ぎていきなり禁煙できない自分が、紙タバコは1日の終わりに1本・・・的な感じで、2日で1箱から大幅に減らせているのはいいことだと思っている。

色々とアレンジというか、いじり甲斐のあるグッズとしての側面もあるので、毎日持ち歩いている電子タバコ。以前書いたように、エントリーモデルを端折って、そこそこのものを買った。とはいえスターターキットとして一式まとめて売られているものなんだけどね。

使ってるのはKangertechという会社のSUBOX。

まだ職場とかで吸ってると、電子タバコってどういうものなのか?って誰しもに聞かれるので、そこまでメジャーではないのだろう。確かにどちらかと言うと、外国人の方が使ってるのを目撃するし。

というわけで、軽くご説明。

1.電子タバコの本体と言われるもの

f:id:mercy298:20151001232522j:plain
アトマイザーと呼ばれるもの。この中にリキッドを入れる。中にはコイルが入っていて、それを電気で熱することでこのリキッドを蒸気にして吸うわけですね。透明部分は、安いのだとプラスチック製で臭いが染み付く。いいアトマイザーだとパイレックスガラスを使用している。

f:id:mercy298:20151001232621j:plain
これが本体。本体はこの様に四角い塊的な形状のものと、筒状のものにおおまかに分類される。最近の流行りであり、スペック的に上なのは前者。この本体ってのは基本バッテリーで、最近のやつであれば専用の充電器を使わずUSB経由での充電も可能。いいやつは何がいいのかというと、まずはバッテリーの容量、あとは温度とか電圧の管理とかその辺の仕組みが細かく入っている。

2.リキッド(吸うやつ)

f:id:mercy298:20151001233002j:plain

電子タバコの特徴、吸い込むこのリキッドのバリエーションが豊富であること。タバコの風味を良く再現しているものや、フルーツ系のフレーバー等色々あって、国産のリキッドも数社から出ている。前にアメリカ産のリキッドに、ニコチン入ってないって書いてあったのに実は入ってた・・・みたいなことがあったけど、これが国産になると信用できるのかどうかは実際わからない。

僕も今は、各社の色んなフレーバーを試している段階だが、まぁだいたいメンソール系に指向性が向いている。

小さい11mlくらいのボトルで800円台、これでバカスカ吸わなければ2〜3週間もつかな。リキッドの消費量は、どうもアトマイザー内のコイルの抵抗値でも変わってくるようなのだけど。

3.アトマイザー内のコイル

電子タバコって、リキッド以外にこのコイルが消耗品で、これはコイルの抵抗値にもよるんだけど2週間〜1ヶ月での交換となる。だいたい1つ5〜600円程度の計算。電子タバコのランニングコストって、イニシャルでかかる本体代を除くとこのコイル代とリキッド代ということなのだ。

f:id:mercy298:20151001233805j:plain
僕が使っているKangertechのやつ、1.2Ω、5個で3000円。

電子タバコ Kanger Tech SUBTANK(サブタンク)用 交換用コイル OCC(5pc) (0.5Ω)

電子タバコ Kanger Tech SUBTANK(サブタンク)用 交換用コイル OCC(5pc) (0.5Ω)

で、このコイル代をあまりかけたくない場合、RBAという自分で作るコイルっていうのに対応している本体を選ぶとハッピーかもしれない。

f:id:mercy298:20151001234014j:plain
右側の分銅みたいなのがRBAで、付け替えるコイルが左。左のコイルは、対応している機種用にそのメーカーのものを買う。1000円で20本くらい入っていると思う。これを右の分銅みたいなやつの中にセットする。

f:id:mercy298:20151001234209j:plain
そしてコットン。これをRBAコイルにつめると完成。手間はかかるが、このコイルとコットン代だけで回すこともできるわけ。

このコットンは、アトマイザー内でリキッドを吸収して、コイル周りに保持する。それがコイルで加熱されて蒸気となるので、保水能力とか体に悪そうな成分の混ざってなさそうなものっていうのが選ぶポイントのようだ。買った時に付いてきたけど、嫁の化粧用コットンとかで代用できそうな気がしないでもない。

・・・っていうのがおおまかなところ。

とりあえずは、スペアのコイルを用意しておいて、あとは気になるリキッドを2〜3本持っていたらいいと思う。リキッドは混ぜて自分の独自の味にしてもいいので。このリキッドのブレンドとか、コイルの話、そしてスターターキットにはついていないアトマイザーを使ってみるとか、そういったところで自分の色を見つけていくのが楽しいのだと思う。

僕はスターターキットで揃えたけど、気になる本体と気になるアトマイザーを別々に用意しても大丈夫。この部分は各社で互換性は一応あるようだ。

広告を非表示にする