funny rain, sweet breathing

知ってるか?世の中って思った通りにしかならないんだぜ?

生活していく上での無敵感とは

無敵感と言っても、それは負けないでもなければ、勝ち続けることでもなく。

「これくらいやらかしても、死にやしない」 「これ以上突き進むと、俺ヤバイ」

っていう領域の線引きなんだと思う。

「これ以上寝ないで働いたら倒れる」、とか「揉め事が起きたとして、この辺までの人間関係なら無くなっても困らない」とか。生活レベルをどの程度まで落としても平気なのか、逆にどれくらいの大金を理性的に使えるのかとか。

対外的な話よりも、対自分。己を敵とみなして立ち向かっていく上での無敵さとも言えるかもしれない。どんだけ己とその活動に対して謙虚になれるかっていう話でもあるし。

個人的には一人で生きて一人で死ぬ(終わりが悲惨でも)ことは、別にできるな〜とか思ったタイミングでなんか無敵感を得てしまったりもしたんだけど。

広告を非表示にする