読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

攻殻機動隊 新劇場版を公開日に観てきたよ

映画 サブカル

IMG_7766
素子さん、ごっつくなったな〜って違うか。

友達がバトゥーさんのコスをして1日中都内の映画館行脚して、舞台挨拶に参加してたとかでびっくらこいたんだけど、バトゥーさんコスをした場合に前はどの程度見えたのか今度聞いてみようと思う。

さて、この新劇場版、最初は押井作品のリメイクかなと思ってたんだけど、ARISEの延長というか完結な扱いの作品だったのね(押井攻殻はリメイクする必要がそもにないか)。

ARISEはあまり思い入れが無かったんだけど、劇場版を観るためにちゃんと観たよ。キャラデザが当初好きじゃなくてスルーしてたんだけどね。ただ慣れって怖いもので、今となっては押井監督の劇場版2作やTV版S.A.CよりもARISEキャラの顔の方が思い出せる。

それにしても、ARISE4作、トグサの顔の描かれ方が適当な事が多かったんだけどあれはなんだったんだろう・・・。

IMG_7765

そしてこの劇場版。ポスターが2パターンあって、その内の1つとか、劇中ラストの素子さん得意の飛び降りるシーンにおける素子さんの顔の描き方がそこだけARISEっぽくないんだよね。あれはわざとそうしたのかな。

中身なんだけど、映像はやっぱきれいですよそりゃ。あと相変わらずこれまでの攻殻機動隊と違って素子さんに表情がありますよね。新鮮。

でも個人的にはやってることがS.A.Cとあんま変わってないよな〜っていうのが第一印象だった。これは去年やってたARISE4話と劇場版合わせてね。

シナリオは押井作品的な難解さとか、TV版だからっていう事情があるんだろうS.A.Cくらいの深さ(が、一方で描写不足なんじゃないかと思ってしまいはする)とも違う、でもまぁ攻殻機動隊らしい細かく設定された世界観とそれを全ては説明しない進行。

最後はきれいにまとめたよなぁって思う。

攻殻機動隊知らないと、そしてARISEを見てとりあえずいわゆる登場人物の関係図的なのが頭に入ってないとおいてかれる。

実はもう1回くらい観に行きたいんだけど、そのモチベーションはシナリオとか設定を飲み込むのにもう1回くらい行かないとかなっていうの。とあとはどうせならあのきれいな映像をスクリーンで観たいっていうところ。

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 [DVD]

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 [DVD]

広告を非表示にする