funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

東京タワーをまわりめくサクラ、それとあとRAWデータの現像ソフト

f:id:mercy298:20150330131900j:plain
なんだよ"まわりめく"って。

多分まわりに咲きまくってる的な事を言おうとした。多分。

というわけで、東京タワー周辺に咲いている桜を撮ってみた。
芝公園とか増上寺とか、そこら辺。

大門で仕事の打ち合わせをした後に、ロシア大使館の近所に用事があって、片道1.5kmくらいの散歩がてら(暇人だなおい)。

f:id:mercy298:20150330141356j:plain
不自然なくらい空が不自然な空なのは、少しピーキーめな調整で現像したから。

f:id:mercy298:20150331160910j:plain
歩道でみんな写真撮ってるもんだから、凄く混雑。ま、歩けないってほどではなかったけどね。それにしても平日の真昼間なのに人がたくさん。

f:id:mercy298:20150330141514j:plain
根本もきれい。

僕は写真を取る時に、一応RAW+JPEGで撮影をしている。けれども半年に一度くらい、撮り貯めたRAWを一気に消してディスク容量を確保したりとかそんな感じで、あまりRAWを使っていない。

100枚撮ったら5枚現像するかどうかってくらいで。

理由は面倒臭いってそれだけなんだけど。

そういうノリなんで、AdobeLightroomとか有料のソフトは使っていない。CANONの一眼を買うとついてくるDigital Photo Professional(DPP)っていうやつとか、RAW Therapyっていうフリーのソフトを使っていた。

このCANONのDPP、実は去年くらいに新バージョンが出た。色々機能追加したり64bit対応になったり、大幅な進化をしたそうだ。ただし対応しているカメラの機種に僕の使っているEOS 7Dが入っていなかったのでスルー。

知らなかったんだけど、去年12月くらいのアップデートでEOS 7Dにも対応していたみたい。リリース後に発売された機種だけでなく、昔の機種にも対応の幅を広げてくれたのはグッジョブだと思った。

f:id:mercy298:20150331162003j:plain
DPPの古いバージョンに慣れていると、パネルとかがガッツリ変わっていてびっくり。

そしてこのCANONのDPPと並行して以前紹介したAffinity Photosのベータ版を使っている。anaaki-gratin.hateblo.jp

まだ使い方に慣れない。
操作感がPhotoshopっぽくないのが原因だけど。
どこにどの機能があるのかまだ把握しきれていない。
ショートカットキーもちっとも把握していない。

f:id:mercy298:20150331162830j:plain
ただ公式の動画なんかを見ている感じでは、色々面白いことのできそうなオーラがむんむん出ているので、多分正式にリリースされたら買うと思う。現像だけでなく、レタッチまでちゃんとできるからね。

何気ない風景をダイナミックに変える 絶景写真術

何気ない風景をダイナミックに変える 絶景写真術

広告を非表示にする