読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

「どんな料理作るんですか〜?」と聞かれた時の答え方を考える

IMG_5299

宇宙の法則 : 肉じゃがという回答は地雷。

さて、本題。

仕事先の子と飲んでいる時に、"合コンで遭遇!!こんな男に引きました特集"的な話を色々聞いた。そのエピソードの1つに親子丼自慢君があった。

自炊をするとかしないの話の中で、その男は誇らしげに自分は自炊派と言ったらしい。何を作るのか聞いたところ、得意料理は親子丼で1週間食べ続けたとドヤ顔だって。この話を聞かせてくれた子は、普通に料理ができる子だったので「はぁ・・・」となったと。そこに更なる追撃で「知ってる?親子丼て卵を2回に分けていれるんだぜ(ドヤァ)」と語り始めたそうで、なんも言えなくなったそうだ。

まぁ確かに僕も学生でお金ない時は1週間同じ鍋から食べ続けるとかやってたけど、それをもって料理とは思ってもいなかったし、人に言うほどのことでもないと思ってた人なので、この話を聞いた時に親子丼君はドンマイとしか思わなかった。

1週間1鍋メシってやっぱカレーで、でもカレーだけだと飽きるから、週の前半はポトフ。スープや具を足しつつ、週の後半でカレールー投入。コストはかからなかった。懐かしい。でも自慢にもネタにもなりはしない。

そんな手抜きを知りつつも、普通に料理はしてきたし、今も早く仕事が終わった時は家で料理して晩御飯にしている。とりあえずご飯になんかのっけて丼もの作って終わりにする楽なものから、ちゃんと一汁三菜用意してみたりとか。

っていうくらいには料理する自分が、上記の親子丼男みたく質問される立場だったらどう答えるかな?って考えると、「え、まぁ何でも作るけど。」っていう適当にも聞こえる回答だなと結論。

"ちゃんとした料理"っていうのがどんな線引きなのかは正直わからないし、X Japanの元ベーシストである故TAIJIみたく懐石料理作れちゃうレベルでもないけれど、「普段何作るの?」と聞かれて特定のメニューを挙げるのは難しいということに気付いた。

どうしてって、例えば「今晩は家でなんか作るかー」と考えた時に、メニューをかっちり決めないでとりあえずスーパーに向かう。そこで安くなってるものを探したり、「あ、これ食べたい、買お」とか思いながら買い物をするわけ。最終的に何を作るかって、食材探しと並行して頭の中で組み立てていく。煮るのか焼くのか、味付けの方向性はどうするか、主菜にするか副菜にするか。

レシピという形でプロトコルがある程度定まっている料理はあるし、それを自分のレパートリーと言ってもいいのだろうけれど、このように定まっているものありきで考えるよりも、結果としてそこに辿り着くという形が自分の中では正しい。辿り着く先が知らないものであることだってあるしね。

「この食材、どんな料理の方法がいいかなー」と思ったら今ならクックパッド開けば、色々な調理法を知ることができる。でもそこにのってるレシピ通りにって実はあまり作ったことがなくて、「ああ、こうすれば/これを入れたらこうなるのね」っていう情報を仕入れて、終わり。

クックパッドは、最強のアンチョコだよね。だから特に初心者は頼り過ぎない方がいいんだけど。頼るなら勉強するつもりで使用するべき。

逆にある程度料理っていうものの文法が自分の中に出来てくると、"こうすると、こうなる"っていうのがわかるので、既存のレシピに忠実にってやらなくても自分なりの味を出すことができる。自分の知らなかったピースを、自分の知っているピースとちゃんと繋げることができる。これは料理をする人にとっては結構普通なことなんじゃないかと思っている。我が家では彼女も料理をする・・・っていうか向こうの方が料理は上手いのだが、「〜ってお前どうやって作ってる?」と聞かれて「普通だと◯◯と□□で作るんだけど、僕は一捻りして△△△って作る」と教えたら、僕の一捻りに更に自分流アレンジを加えて完成させていた。

で、話はそれたけど、自分にとって料理ってそういうものなので、具体的に何をと聞かれると逆に困るなーって。僕でなくても、毎日ではなくても料理が普段の生活の中に自然にある人は、「どんな料理作るの?」って聞かれて即答はできない気がする。何か答えるにしてもちょっと考えたり。なので逆に、冒頭の親子丼男は行き過ぎとしても、何か一品を即答されると「本当に料理できるのか?」って疑ってしまう。

こういう場合に相変わらず定番なのかどうか知らんが、肉じゃが。確かにちゃんと作ろうとすると、日本的な味付けの基本みたいなのを知ってないとだけど。っていうか、美味しい煮物を作るのは基本難しいんだが。

っていう肉じゃがだから、それをまず口にされると料理ができるように聞こえないのよね。だってそれが、"料理の基本をわかっている人の基礎の集大成としての肉じゃが"である保証はないし。ただ肉じゃがを作れる=料理できるっていうイメージがひとり歩きしてるだけかもしれないし。

「どんな料理を作る?」と聞いた時に男女問わず「カレー!!」とか「肉じゃが!!」と即答する人よりも、「う〜ん・・・」てなったり「なんでも作るけど、特になんだろうなぁ〜・・・」ってなる人の方が料理はできることが多い、と思う。あるいは「最近だと」ってつけて話す人。

広告を非表示にする