funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

ビールと括るには多彩だし、注ぎ方はもはやスポーツなベルギービール

f:id:mercy298:20140916174547j:plain
 

六本木ヒルズでやっていたベルギービールウィークエンドに行ってきた。

 
最近は色んな場所でオクトーバーフェストが開催されていて、ドイツビールを飲む機会っていうのは増えていると思うんだけど、ベルギービールはまだそこまででもないのかなと。

 

f:id:mercy298:20140916180508j:plain
 
ベルギービールウィークエンド。年々扱うビールの種類が増えていて、今年は60種類くらいあったのかな。
 
ベルギー本国ではそれこそ何千とあるので、ほんの微々たるものだけれど。
 
あっさりとした白ビールは水のようにゴクゴクいけるし、フルーツビールはこれがデザートでいいんじゃないかってくらいに爽やかな果実の甘みが楽しめ、黒ビールはとにかくこってり強烈。
 
ドイツビールよりも個性的で、色々な種類を試すのが楽しい。
 
ただベルギービールって、アルコール度数が10%近くあるので、日本のビールみたいな飲み方はおすすめしない。
 
今回のイベントでは、全国のベルギービールを扱っているバーとかからバーテンダーが集まって、ビールの注ぎ方対決みたいなのもやっていた。
 
グラスの洗浄から注ぎ方、泡のバランス、サーブの仕方まで、ある種お作法みたいなのがベルギービールにはあって、いかに洗練された動作で綺麗にサーブできるか?みたいなものを競う(泡は指2本分、泡切りナイフは45度の角度で入れるんだぜ)。
 
どうやら世界大会まであるらしく、最早競技の域であった。
 

 

広告を非表示にする