読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

10年後に面白いことをやる未来、いつかまた出会う予感がわいてくるスタートとしての30代の始まり

photo by Office Now 最近、会社を辞める人間が周りに多い。だいたいみんな、30代入りたてで、1〜2社経験している人達。 彼らの共通点は、とりあえず暫くは(あるいはずっと)会社員はやらないっていうところ。自分がずっとやりたかった創作活動に取り組む奴も…

天才あるいは秀才と凡人を分ける5分の壁、最も簡単に天才になる方法

とんでもないスペックを持った人間ていうのが一定数いて、そういう人らに彼らのフィールドで勝負を挑んだりするっていうのは物好き以外はやってもあまりいいことは無いと思っている。それこそ天才と呼ばれるような人達ね。一方で育った環境やら天性の何かの…

あなたが万能になることが、あなたや組織を優れたものにはしないから

何となく昨日のエントリーの続きというかなんというかなお話です。最後の方で、「誰か一人が暴走しても、あるいは時間とともにバカになってしまった時にちゃんとそいつを蹴り出せる準備をしておくべきなのだ。」っていう事を書いた。"スティーブ・ジョブズ"…

"スティーブ・ジョブズ"は間違いだ

Mac:ers未だに山のようなワナビーやら、「日本からスティーブ・ジョブズを!!」みたいなことを恥ずかしげもなく言っちゃう人がいるので書いておく。スティーブ・ジョブズは間違いだ。仮にスティーブ・ジョブズが間違いではないとしても、それをあなたが求める…

プログラミングよりも英語よりもフレームワークよりも、いいからカタンをやれよな現代人

カタンてボードゲームを教わったんだけど、めっちゃ面白かったカタンていうボードゲーム。最近教えてもらって遊んだんだが、これは面白い。覚えることはとても少ないので、1回教わりながらゲームをしたら必要な事項は全部頭に入ると思う。覚えることは少ない…

「チャレンジすることに意義がある」という甘えと自己満足、いつまでお花畑にいるの?

ムシャクシャして書いた。 相手は誰でも良かった。後輩がFaceBookでとあるビジコン系の意識高い集まりの紹介をしていた。本人もそれに参加していたわけなのだが、「本気で起業したいと思っている人がたくさん集まってる。」と紹介していた割には本人色々理由…

就活失敗的な生き方の希望と絶望について

昨日出てきたこの記事。 就活失敗して良かったコメント欄で必死にDisってる人達の、むしろこの人達の方がリアリティの無さを感じる香ばしいあれなんだが、そこはとりあえずいいや。多分、それこそ大企業の安定さに必死こいてしがみついているような、現実で…

起業への近道になるたった一つの力、あるいは自在に生きるための最短経路

既存の企業に属さず、自分の考えたアイデアで事業を進めて生活をしていく。そんなことを思い、動き始めたのが今年2013年に入ってからだった。当時働いていた会社の社長から言われたこと、そのポイントが不足しているから苦労するだろうなと自分でも思ってい…

自慢のMacにベンチャー企業のロゴステッカーを貼りまくる青年

独断と偏見に満ちた意見だけれど、『鞄から取り出すMac Book。そこにはベンチャー企業のステッカーをこれでもかと貼られている。そのMacの持ち主は将来同じような起業家には決してなれない』僕が実際に見たことのある青年で、特にこれはやばいなと思ったケー…

起業とか言うと、社会を変える的なよくわからない責務を負わされる

そういう側面もあるし、醍醐味なのかもしれないけれどね。世間一般では、独立して起業をするような人をどのように見ているのだろう? 「すごい」と言われるか「なんでそんな道選んじゃったの」と諌められるか、まぁなんだ、かなり両極端である気がする。 起業…

人と違うことがやりたいから起業、という愚かな発想について

ええ、格好良くもなんともないし、愚かですよマジで。 カフェでボケーッとしていたら、隣の席でスーツを着た20代前半から中頃くらいの男性3人の会話が聞こえてきた。一人がドヤ顔で人生論とか仕事論的な話をしていて、残りの2人が食い入るように聞いていた。…

自己資金50万円で、資本金300万円の会社を作る

スタートアップを始めようと思った時に、悩ましいものの1つが資本金である。潤沢な貯金と投資家の強力なバックアップのもとに起業をする人が全てではないし、そういう条件が揃っていないと起業できない、と可能性を狭めてしまうのも寂しい。資本金はその企業…

アイデアのつくり方、口だけで終わる自称起業志望が知らない2つのお約束

「アイデアはとにかく出すものだ。」そんなことを言いながら常に突拍子のない案を得意気に口にする。あなたの周りにそんな人物はいないだろうか?その人物が「自分は起業する」というような話も一緒にしていたら危険だ。起業におけるオオカミ少年といってもい…

意識の高い学生やブラック企業を生む"三方良し"の不幸

事業を始めようとする人や、実際に事業を進めている人が口にする"三方良し"。「事業を通して自分や顧客、社会がハッピーになることを心がけます!!」そんなことを宣言するために口にされるようだ(言い方は色々ある)。 ・本気でそう思っている人や ・この手の…

ビジコン優勝学生の作った会社が、イマイチうまくいかない5つの理由

※追記ありネット上で検索すると大量に出てくるビジネスプランコンテストや、起業系セミナー。学生・20代社会人で起業したい人のビジコン、セミナー情報まとめ これまでの"大学を卒業して会社に入り、定年まで勤めあげる"スタイルの崩壊と共に、これからも盛…

ガイ・カワサキが語る、アントレプレナーが犯す10の過ち

Apple社の元エヴァンジェリスト、現ベンチャーキャピタリストであるガイ・カワサキ氏の講演より1.狙っている市場の規模の1%が自分達のシェアになると思う2.すぐにスケールアップする3.提携したがる4.製品のプロトタイプ作りよりも、ピッチ(短時間での売り込…