funny rain, sweet breathing

知ってるか?世の中って思った通りにしかならないんだぜ?

感覚と記憶

色を司る感覚器官、そして鮮やかに淡く花は佇む

"忙しくて夜空の月も見てないぜ" なんて、エレファントカシマシが歌っていたけれど、普段の荷物が1kg程度重くなってでも一眼を持ち歩いて出勤しているのにオフィスを出ると真っ暗ですよ。 最近カメラによくひっついているレンズは、Helios-44が多いことに気…

【社会不適合者は呟く】全てはタイミング、重要だからもう一度、全てはタイミング。それでも所詮はタイミング。

大根もちみたいな猫 #cat 自分のこれまでの人生を振り返っても、周りの人間を見ていても、結局のところはタイミングだけが理由の本質となるなぁという話。 僕は成功談系の本当かインターネッツ上の記事が大嫌いなんだけど、その内容もそれを鵜呑みにしてFace…

成功者の言葉よりも、自分の"感覚の窓"を全開にさせられる人とこそ話をしたい

著名人とか、有名な社長だの何だのと話をしたことがあるとか、そういうのに関してはアクティブな人らに対する天邪鬼だけど。 僕は、僕にとって優秀であったり、刺激を受けるような人っていうのは、相手との会話において自分の"感覚の窓"をフルオープンしてコ…

埃のない隅とか、曇りのない窓とか、"小"綺麗が地味に大きなものに繋がっている気がする

photo by Cedpics 前回の記事で書いた、ボルシチがとっても美味しい、40年以上前から続いているニュー横手という山荘。 多分改装とかはしてるんだろうけど、建物内の小綺麗さになんかホッコリしたのが記憶に残っている。 anaaki-gratin.hateblo.jp 因果関係…

人の感情と加速度

ロードバイクに乗っていると言うと、やはりそのスピードには驚かれる。 貧脚だし別にそこまでいいモデルに乗ってるわけではないけれど、公道を30〜40Km/hで走ってるわけ。この速度は、スポーツバイクに乗ったこと無い人からは「怖くないの?」と言われる。 ま…

感性のメンテナンスとしての節制と消費

貧乏自慢とか、開き直って持たない(その実、単に持てない)教の狂信者とか、底辺だなんだドヤ顔したりっていうのはとてもセンスが無いと思っている。そんなに自分で自分を慰めたりしてて、生きてる価値ないって思わないのかな。 お金は大事ですよ。使うことも…

思い出と時間と信仰、生きとし生けるものとそうでないものの歩み

育ての親である祖父母が旅立ったという話をした。 ハッピーエンドのお別れと、語り継がれる物語の強度 - funny rain, sweet breathinganaaki-gratin.hateblo.jp この中で僕は、 僕の家系ではとても強い部類だった祖母と実直で頑固な祖父は今ごろきっと、仲良…

ハッピーエンドのお別れと、語り継がれる物語の強度

4月に祖母が旅立った。そして7月、つい先日に祖父が旅立った。 面倒臭い環境で育った自分にとって育ての親といえばこの人達で、そんな存在をたったか3ヶ月の間に失ってしまった。 祖父は、祖母が旅立って100日目に旅立った。集まった親戚達と話していたんだ…

Helios 44を使っていて思い出す、EF 50mm F1.8 IIの記憶

初めて一眼レフを買ったのは大学生の頃、CANONのEOS 40D。こいつは昼間であれば今でも余裕の現役だ。センサークリーニングが壊れたっぽくて動かなくなったけど。。。 キットレンズは確か17-85mm F4-5.6 ISとかそんなやつで、画角としてはこれ1本で普段使いを…

原体験の在処、巡り合い方

仕事を選んだり、仕事を創ったりするきっかけ。そんな事を話している時に出てきた原体験という言葉。 何かを成し遂げた人とかの話が書籍や映像として登場するときに、その人の志みたいなものや動機の根底にあるものっていうのが紹介されるのは結構一般的。演…

いつか連れて来てもらった景色、渡良瀬渓谷、高津戸峡

渡良瀬(わたらせ)渓谷。 北関東を流れる渡良瀬川沿いにある渓谷で、群馬県の桐生とかみどり市から栃木県の足尾とかその辺までわたらせ渓谷鐵道という路線が走っている。独特の深い青緑の渡良瀬川、囲む渓谷は春は桜のピンクや新緑の緑、秋は鮮やかな紅葉が一…

記憶を辿る景色、風を持たない夢、生まれて始めて"いた"感覚

ただただパーソナルな話をだらだらと書く。ずっと昔に見たことのある景色が、たまに夢の一部として出てきた。長い時間が過ぎた頃にその場所を訪れたら、懐かしさではなく、久々の来訪という現実の体験すら後から思い出すと夢と区別がつかなくなった。そんな…