funny rain, sweet breathing

知ってるか?世の中って思った通りにしかならないんだぜ?

ビジネス

【社会不適合者は呟く】「5時からみんなで仲良く飲みながら仕事してます!!」っていう会社で働いてはいけない

周りでそういうところに間違って入ってしまった人たちが全員残念なことになっていたんだが、ただのブラック企業の特徴ですよ。 そんな場所でしかも使われる側でなんて入るのはちょっとくらい味わってみてもいいというケースもあるかもしれないが、基本的に人…

何でも自分でやらないために、フリーで仕事しているなら、たまには大きなプロジェクトの一単位になってみた方が良さそう

実務的なメリットよりも、自分の感覚のチューニング的な意味合いが自分の場合は大きいのだけれども。 僕は基本的に、フリーでIT系何でも屋として仕事をしている。だいたいは長くても2ヶ月前後で終わるような案件がメイン。よほどお金に困っていなければ、原…

ご祝儀とやらに99%依存する結婚式をスマートと謳う非スマートさ、っていうか僕はご祝儀撲滅委員会を作りたい

最近流行りなんだかなんだかしらんが、スマ婚とかいう名前で呼ばれる体の形式。 僕の中ではそれって、挙式して・披露宴はやらず・1.5次会という名の会費制パーティー、みたいなパターンをそう呼ぶのだと思っていた。友人でそういうスタイルでやっている人間…

あなたやあなたのチームの"消費期限"を判断する、"ヒット商品"の納期

起業するにしても、個人でなんか創作活動やるにしても、なんでもいいんだけど。 自他共認める、知名度という軸で測れるようなヒットの仕方であれ、個人的に何かしら感じる手応えでもいいんだけど。 "ヒット商品"的な何かというのを、活動を始めてから2〜3年…

世に言うフレームワークとかの作り方や使い方、に関する私的妄想論

ちょっと前に、オリジナリティやらなんやっていうのについてダラダラ書いた。 オリジナリティやイマジネーションの在処は、経験と経験の狭間にある - funny rain, sweet breathinganaaki-gratin.hateblo.jp 経験とか影響っていうものが色々とあるけど、それ…

オリジナリティやイマジネーションの在処は、経験と経験の狭間にある

文書でも音楽でもなんでもいいんだけど。 何であれ、完全にゼロから生まれた物ってのは生まれてこないって言い切ってはいいととりあえず思う。全ては何かからの派生で、系統樹ってのはそれこそ文明が始まった頃から延々と伸びてるもんだと設定しておく。 な…

ミスドのドーナツ100円セールに思う、"僕の/私の思う、このお店ではこれ以上払いたくない"ラインについて

たまたまミスドの前を通ったら100円セールをやっていたので、好物のチョコファッションを購入。今月の頭くらいにも100円セールをやっていた気がするんだけど、その時は行こうと思ったらもう終わっていた。たまにミスドってこもりたくなることがあって、一時…

個別配送とか在宅医療とか受け手サイドの末端をカバーするのは、やっぱ無理があるんじゃないかな

最近Macの電源ケーブルがお亡くなりになった。唐突に充電されなくなって焦ったんだけど周りのMac使いの事例的にもケーブルだと思ったので購入ということに。高いね、っていうか高すぎだよ純正。何この値段。Amazon見てると互換品が純正品の半額以下で売られ…

「巧遅拙速」なんてスタイルは真似するべきでも、広めるべきものでもないかと

ちょっと前に見かけた記事なんだけど、 仕事は一番忙しいヤツに頼む -会社が絶対手放さない人の条件【三井住友海上 柄澤康喜社長】 経営トップが太鼓判「会社が絶対手放さない人の条件」:PRESIDENT Online - プレジデント 仕事は一番忙しいヤツに頼む -会…

「いいものを作る」から少し離れてみると、いいものはいいものとして巣立つかもね

いいものを世に出すっていうのはいいことなので、そこはぞんざいにしてはいけないのだけれど。あと、自分一人で楽しむのであればとことん"良さ"を追求したらいいと思う。ここでは"良さ"を"違い"との対比として話を進めていく。っていうかこれが結論なんです…

あなたが万能になることが、あなたや組織を優れたものにはしないから

何となく昨日のエントリーの続きというかなんというかなお話です。最後の方で、「誰か一人が暴走しても、あるいは時間とともにバカになってしまった時にちゃんとそいつを蹴り出せる準備をしておくべきなのだ。」っていう事を書いた。"スティーブ・ジョブズ"…

"スティーブ・ジョブズ"は間違いだ

Mac:ers未だに山のようなワナビーやら、「日本からスティーブ・ジョブズを!!」みたいなことを恥ずかしげもなく言っちゃう人がいるので書いておく。スティーブ・ジョブズは間違いだ。仮にスティーブ・ジョブズが間違いではないとしても、それをあなたが求める…

プログラミングよりも英語よりもフレームワークよりも、いいからカタンをやれよな現代人

カタンてボードゲームを教わったんだけど、めっちゃ面白かったカタンていうボードゲーム。最近教えてもらって遊んだんだが、これは面白い。覚えることはとても少ないので、1回教わりながらゲームをしたら必要な事項は全部頭に入ると思う。覚えることは少ない…

そういえば僕って仕事でミスをしないんだけど、その為の個人の心がけとチームとしての心がけについて

ごめんなさい、嘘つきました。よくミスってます。 けれども自分がミスする時の状況っていうのがほぼワンパターンなので、結局のところミスは防げるし実際にかなりの部分防げていると勝手に思っている(上司の皆様すいません)。 最近びっくらこいた事があって…

やっぱりニベアの青缶は最強で、ネットで話題の物品は最弱という話

どうも、いつも20代半ばくらいに間違われる三十路前半男です。乳液とか化粧水は基本的に無印のを使用していました。その前は気取ってLUSHとか使ってました。LUSHは反クジラ漁的な勘違い活動により、自分の中で反日企業と認定したので二度と買うことはないで…

僕はサブカルで食うようにして、ビジネスで食っている

最近、大槻ケンヂの『サブカルで食う』を読んだ。Amazonでは「タイトル詐欺!!全然どうやったら食えるかなんて書いてないじゃないか!!」っていうレビューがあったけれど、内容としてはハウツーの側面ばっちりあるし、別にタイトル詐欺ではないんじゃないかと…

線引きがビジネスを成功させることにひねくれて噛み付いてみる

フレームワークっていうのが世の中にはたくさんあって、例えばSTP分析とか言われる考えは、曖昧な顧客っていうものを区切って絞り込み、有効な立ち回り方を決定するっていうので確かに大切である。3C(Company, Customer, Competitor)というフレームに当ては…

自慢のMacにベンチャー企業のロゴステッカーを貼りまくる青年

独断と偏見に満ちた意見だけれど、『鞄から取り出すMac Book。そこにはベンチャー企業のステッカーをこれでもかと貼られている。そのMacの持ち主は将来同じような起業家には決してなれない』僕が実際に見たことのある青年で、特にこれはやばいなと思ったケー…

起業とか言うと、社会を変える的なよくわからない責務を負わされる

そういう側面もあるし、醍醐味なのかもしれないけれどね。世間一般では、独立して起業をするような人をどのように見ているのだろう? 「すごい」と言われるか「なんでそんな道選んじゃったの」と諌められるか、まぁなんだ、かなり両極端である気がする。 起業…

人と違うことがやりたいから起業、という愚かな発想について

ええ、格好良くもなんともないし、愚かですよマジで。 カフェでボケーッとしていたら、隣の席でスーツを着た20代前半から中頃くらいの男性3人の会話が聞こえてきた。一人がドヤ顔で人生論とか仕事論的な話をしていて、残りの2人が食い入るように聞いていた。…

自己資金50万円で、資本金300万円の会社を作る

スタートアップを始めようと思った時に、悩ましいものの1つが資本金である。潤沢な貯金と投資家の強力なバックアップのもとに起業をする人が全てではないし、そういう条件が揃っていないと起業できない、と可能性を狭めてしまうのも寂しい。資本金はその企業…

意識の高い学生やブラック企業を生む"三方良し"の不幸

事業を始めようとする人や、実際に事業を進めている人が口にする"三方良し"。「事業を通して自分や顧客、社会がハッピーになることを心がけます!!」そんなことを宣言するために口にされるようだ(言い方は色々ある)。 ・本気でそう思っている人や ・この手の…

ビジコン優勝学生の作った会社が、イマイチうまくいかない5つの理由

※追記ありネット上で検索すると大量に出てくるビジネスプランコンテストや、起業系セミナー。学生・20代社会人で起業したい人のビジコン、セミナー情報まとめ これまでの"大学を卒業して会社に入り、定年まで勤めあげる"スタイルの崩壊と共に、これからも盛…

会社の辞め方〜会社は絶対教えない、新社会人が知っておくべきこと〜

4/1から入社する新人が研修では教われない"会社の辞め方"かつてのように終身雇用制に背中を預けられる人間が大勢いるのであれば、問題はなかったのかもしれない。今はどうだろう? 入社してしまった会社が実はブラック企業だった、 そうでなくても実は自分に…

Uber、O2Oが生んだ新しい配車サービス

スマートデバイスやクラウドの普及により生まれたO2O(オンライン to オフライン)ビジネス。この先1〜2年で数多くの斬新なビジネスモデルが出てくるんじゃないかと言われている。Uberもその例だ。 最高にシンプルなオフラインのサービス、それを支えるオンラ…

アプリ不要。最高にシンプル、実用的な名刺管理方法

スマホとGmailがあれば名刺は管理できる。 もともとこのアイデアは『社長の勉強法 』を読んでいて知った。 本書で紹介されている社長の一人であるエニグモ社の須田社長。彼は何でもGmailに送って記録しているらしく、名刺も写真を撮って送信しているとのこと…