読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

funny rain, sweet breathing

なんてったって社会不適合者物語

【スノーボード】志賀高原、今年はかなり奇跡的な天候の横手山・渋峠を堪能してきた

f:id:mercy298:20170204122512j:plain
快晴に巡り合うことがあまりない志賀高原で、しかもとびきりの快晴に出会えた今シーズン。

1泊2日のスノボツアーは、初日が横手山渋峠エリアで2日目は焼額山を滑っていた。例年、全山共通リフト券という志賀高原内のゲレンデならどこでも滑ることができるリフト券を買っていたのだが、せっかくだからと全ゲレンデを制覇しようとすると結局は滑るというか移動だけで終わってしまうような感じなのである。

今年は横手山という少し離れたエリア(志賀高原内では端で、バスで移動しないと他のゲレンデには行けない)に宿泊したのもあって全山共通リフト券ではなく普通のリフト券で滑っていた。メインエリアから離れているせいか人は少なめ。流石にお昼頃になってくると混みだしたけど、その前に新雪を存分に荒らし堪能してきましたよ。

f:id:mercy298:20170204092033j:plain
標高2307m、日本でもトップクラスに(もしかしたら一番?)高いゲレンデである横手山山頂。

ここに登ってくるリフトからは付近(というわけではないが)の山々やそこにあるゲレンデから果ては日本海まで見渡せる。上に上がるに連れて無機質なリフトの機械音と、風の音しか聞こえてこない、まさに外界とは隔離された場所へと進んでいく感じがとても好き。元々ゲレンデ内で音楽を流すような風情のないことはしないのが志賀高原なんだけど、それに加えてある程度は登ってきているはずなのに聞こえない人の声。ゲームだったら大きめのイベントとか強めのボス、あるいは隠しダンジョンの到達地点てとこかしら。空気の質がね、下の方とは全く違うんですわ。

山頂はとにかく寒い。体感温度はマイナス10度台後半はあったんじゃないかと勝手に思っている。

f:id:mercy298:20170204112516j:plain
焼きたてのパンが名物の横手山山頂ヒュッテ。

四半世紀ほど前に、夏の志賀高原によく遊びに来ていて、その時以来中に入った。中は綺麗になっていたような、しかし子供の頃の記憶なのであまり正確ではない。当時はパンを買ってもらったわけで、あれもこれもといかなかったわけだが、今はもう自分のお金で食べ放題ですよ。子供の頃の「もっと食べたかったなぁ」にリベンジ。

f:id:mercy298:20170204151531j:plain
樹氷なんだけど、なんかイメージとしてある樹氷を飛び越えた樹氷

雲の形から色んなものを連想するということはするが、それができるくらい面白い形の樹氷。クリーチャーのデザインなんかやってたら、とてもインスピレーションが湧きそうな形がいっぱい。夜になったらこいつら、謎の生き物として動き出したりして。

渋峠へは、この山頂からスノーボーダーには優しくない連絡通路を通って行く。

群馬と長野の県境、ここへは春先に自転車でも来てみたいんだよね。碓氷峠とか草津白根ルートの辺りを通るのかな。それなりにしんどい行程ではあるが、それに見合うだけの景色が待っているようだ。

一月以上前の話だけど、クリスマスは都内の夜景を巡りまくりデートだったゾっ

f:id:mercy298:20161224112340j:plain

ただしチャリでな。

元ネタはこちら。
cyclist.sanspo.com

確かに巡れるなー、とか逆に「記事書いた奴、本当に走ってイルミネ見た上で書いてんの?」とちょっと突っ込みどころのある内容だったので。

f:id:mercy298:20161224111959j:plain
まずは原宿、青の洞窟。NHKホール前の通りが青色LEDで装飾されている。これでもかと言わんばかりに青色光で人類の目を殺しにかかっているんだが、場所がいいし随分と人が集まっていた。いやほんと、ここにいたら頭がクラクラしてきたよ。混んではいたけれど、原宿駅や代々木公園側に渡る横断歩道が信号待ちで人が多すぎたってくらいで、中に入ってしまえばそこまででもなく歩いて通過が可能な感じであった。

f:id:mercy298:20161224114000j:plain
表参道のイルミネーション。これは結構有名なのかな。

自転車で巡るっていうのにここを選ぶ(まぁ都内なのでチョイスしたくなる気持ちはわかるが)元記事のセンスには脱帽した。車が詰まっている車道を走り抜けることしかできないからね、ここは。歩行者用には観覧用の通路が用意されているけど。サンタさんライダーがいっぱいいたなそういえば。あとここって、たしかに有名なんだけど、周りが明るいからそこまでイルミネーションが綺麗ってわけではないのよね、実際は。

そしてこの後はミッドタウンと元記事ではなっていたが、自転車で来てここに行こうってだけ書く記事、この記事書いた人間は本当にこのルートを辿ったのかと突っ込みたい。週末だったら1時間近い待ちの行列だし、自転車で来てどこにチャリ置いて中に入れっつーのか。なのでこの時は普通にスルーした。うん、自転車できたらスルーになりますよここは。

f:id:mercy298:20161224121550j:plain
次は六本木のけやき坂なんだけど、その前にその手前にあるグランドハイアット東京に寄り道。ロビー内にクリスマスな感じに装飾されたエリアが。ミッドタウンから六本木交差点を曲がってヒルズの方へ向かう道は交通量多いし、流れも悪いので走る時注意。

f:id:mercy298:20161224122810j:plain
けやき坂。グランドハイアット側からツタヤ側に向かうと遠くに東京タワーが見える。そこまで混雑していない通りなので自転車を押して歩道を歩いても問題ない感じ。落ち着いていて見た目は上品な街なのでいいですね、ここら辺は。

f:id:mercy298:20161224124736j:plain
そして東京タワーへ。

巨大なスノードームというのがあったのだが、ONE PEACEを題材にしたものだった。そういえばこの時、東京タワーはONE PEACEとコラボしていたんだっけ。

この後は銀座という紹介だったんだけど、だんだん面倒くさくなってきたのでパス。最終目的地の丸の内を目指した。銀座の通り、しかも週末の夜ってあまり走りたくないのよね、あの道。交通量あるし路駐ひどいし。走るなら気をつけた方がいい。車道を走るだけだし、イルミネ眺めながらちんたら走るなんて危ないからね。

f:id:mercy298:20161224133315j:plain
丸の内付近。

着いた時間が遅かったのでミチテラスは終わってしまっていた。ミチテラスがやっている時間だと、行列ができることもあるので、通行には気をつけた方がいい。

そんな感じだった。

元記事には紹介されていない場所としては、目黒川とかアークヒルズの裏とかもおすすめ。アークヒルズの裏のなんとかって坂、人少なくて地味に穴場だと思う。

【ロードバイク】春から秋までで自分が走った1000km分くらいのまとめ【新潟編】


朝の光眩しくて朝練#derosa

新潟編。

新潟の、それも長岡付近(かそこから走って戻れるあたり)。東京で感じる交通量や信号の数によるストレスがまったくなく走れるのが地方のいいところですね。

越後長岡チャレンジサイクリング

色々と運営の面で気になる点が多いのと、イベントを育てていきたいのか地元民でまとまって楽しくやってたいのかよくわからず多分なんだかんだ後者なんだろうな〜って印象のロングライド。インバウンド的な話を考えるのであれば多分魚沼のグルメフォンド(だっけ?)とかツールド妻有とかが優秀なんだろうなと思う。

コースは面白い、歯ごたえがある、坂は嫌いだけど。

走行距離に対する獲得標高にビビるけど、当初思っていたよりも下りも多く、終始登っているという感じではなかった。

anaaki-gratin.hateblo.jp
anaaki-gratin.hateblo.jp

寺泊

長岡付近からさくっと海を目指す。

軽くドライブに行くかのようなノリで走りに行って、寺泊の魚屋さん街で魚介串を軽くいただいて戻る・・・そんな感じのサイクリング。

anaaki-gratin.hateblo.jp

道院高原

栃尾の奥、夏場はキャンプができるのかな。チャリで登っていると、ドライバー達から変な顔をされます。

距離は長くないが、ダラダラ登ったり少し急な勾配があったり、平坦あったりと色々詰まっているコースである。そして景色がいい。

anaaki-gratin.hateblo.jp

海岸線(柏崎〜寺泊)

長岡市内から国道8号線を進んで、柏崎原発横から海岸線に入る。そこから寺泊のあたりまでひたすら海沿いを走るとても気持ちのいいコースである。

補給ポイントの把握だけちょっと注意かな。海風が強いとちょっとしんどいかもしれないが、こういうサイクリングでカーボンディープリムなんか履いて走るような馬鹿なアマチュアライダーもいないと思うのでまぁ大丈夫だと思う。

anaaki-gratin.hateblo.jp